JIJICO

松本 孝一さん

介護事業コンサルタント

認知症介護をする上で注意しておくべきポイントとは?

2016年7月30日

「介護職離職ゼロ」が認知症介護の負担軽減になるのか?

女性に増加する「冬季鬱病」への備えアベノミクス新三本の矢の一つに「介護離職ゼロ」が提唱されました。
介護を理由として、勤めている会社を辞めないようにするための施策ですが、どうやら内容は、新しい施設(特別養護老人ホーム)などを整備することのようです。
しかし、これからの高齢化問題は、施設整備だけでは解決には至らず、自宅で介護する家族(介護者)の努力なくして高齢者を支えることはできません。

ところが、認知症高齢者数は国の予測する人数をはるかに超え、まさしく介護者の「介護離職」の大きな要因となっていることに違いありません。
その「認知症介護」の負担を軽減するためのポイントを私自身が介護現場で経験をしたことを踏まえて、お伝えいたします。

認知症介護のポイントは「介護者」にあり!

認知症のご家族を介護されている方々の多くの悩みは、認知症に関する知識や情報はたくさんあるのに認知症介護をしている人の問題は、解決しないことにあるようです。
また、在宅介護になると介護事業サービス(デイサービスや訪問介護など)を活用しても、家族と過ごす時間がほとんどになります。
時には、介護者の疲労が重なり、倒れてしまうことがあるようです。

認知症介護の上で、大切なポイントは「認知症の人は、介護者の気持ちを映し出し様々な行動・言動を行う」ことを理解することです。
また、薬などで認知症状を和らげるケースもありますが、ほとんどが薬以外で症状を和らげることで成果が出ています。
たとえば、デイサービスなどの施設での音楽療法やレクリエーション、回想法などが挙げられます。
すなわち、「介護者」の気持ちや思いによって、認知症の方の症状を落ち着かせることができるのです。

認知症の方が変わるのでないことを理解することが重要

しかし、家族の方の介護となると、どうしても昔はこうでは無かったと感じ、認知症の人の行動の受け入れが困難となります。
どうしても、認知症の人の行動を間違っていると「変えよう」としてしまいます。
そうすると「介護者の気持ち」が伝わり、認知症の人にとって逆効果となり、更に症状の悪化を招くことになります。

私が携わったご家族様には認知症介護のポイントである、自分自身が変わることをお伝えし実践いただき、負担が軽減されたケースが多くあります。
そのためには、認知症の人との接し方をご家族の介護者と事業所などの介護者が共有・共感し、お互いに実践していくことが大切となります。
そうすることで、必然的に「介護者」が変わっていくことができ、認知症の人の症状が和らぎ認知症介護の負担軽減に繋がるのです。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

松本 孝一さん
介護事業コンサルタント

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年8月21日 中島雅生さん
一級建築士
9万人の大工が不足する2020年問題とは? 
2020年には需要に対して9万人もの大工が不足する事態になると予想されています。なぜ大工人口は大幅に減少しているのでしょうか?その実情について現役の大工が解説します。
2019年7月31日 中原 崇さん
社会福祉士
共働きが当たり前の時代に心がけたい夫婦円満の秘訣について
共働きの広がりとともに、身の回りは便利なものが格段に増えました。便利な物も活用しながら夫婦間でコミュニケーションをとり、完璧な家庭生活から解放されることが、時には共働き夫婦に必要です。
2019年7月23日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
乱立するキャッシュレス決済に潜むリスクと安全な利用に向けた注意点
キャッシュレス決済による利便性が高まる一方、その利用は常にリスクに晒されています。事業者によるセキュリティ対策だけでなく、利用者も自衛手段を行うことで安心・安全な利用が可能となります。
2019年7月19日 笠原拓さん
システム開発者
パソコンが苦手な人の抵抗感を克服するにはどうすれば良いか?
パソコンが苦手で使うことに抵抗感を感じる方は多いですが、実は日常の中で何気なく使っているものでもITツールは多いのです。パソコンへの苦手意識をなくし使いこなすにはどうすればいいか、システムエンジニア出身が教えます。

テーマ