JIJICO

こばやし りえさん

断捨離提唱者やましたひでこ公認 断捨離トレーナー

片付けを停滞させる「もったいない」の落とし穴とは?

2016年8月12日

片づけを停滞させてしまう「もったいない」の落とし穴

昨今ブームともいえる片付け。断捨離やミニマリスト、キーワードは「スッキリ」そして「シンプル」。
モノが豊富に供給され自由に手に入る今、逆にスッキリ・シンプルに暮らすことはシンプルな生き方にもつながり、まさに憧れです。
しかしいざ片づけを始めてみるとうまく進まない。
原因のひとつにモノを捨てる時に湧いてくる感情、思いである「もったいない」。
この「もったいない」、片付けを停滞させてしまう落とし穴について考えてみたいと思います。

「もったいない」を考える前にまず自分の住まいを客観的に捉えてみる

まず自分の住まいを見回してみましょうか。
玄関・ポーチ、廊下を通ってリビングや書斎、寝室。洗面所に浴室、そしてキッチンベランダやお庭。
私たちの暮らしの場。そこはどのような場でしょうか?

「ごちゃごちゃしているなぁ」改めて客観的に捉えてそんな感覚があるならば、それはモノの過剰に気づいた瞬間です。
モノの過剰に気づき違和感に気づいたら、その解決法は引き算するだけのこと。
いたってシンプルな解決法です。
過剰なモノを取り除く。自分の感覚に従って、捨てる・売る・譲る。

「さぁ、片付けをするぞ!」腕まくりして、大きなゴミ袋を抱えていざ!
ところがうまく進まないで途中挫折。
そのような経験は誰でもありますね。
どんな理由で進まず、挫折してしまったのか。
それは過剰なモノを手放していくなかで湧き上がるこんな思い、抵抗勢力ではありませんか?
「使えるモノを捨てるなんてもったいない!」

「もったいない」の落とし穴

いざモノを手放していこうと行動を起こそうとすると湧き上がってくる抵抗勢力「もったいない」
「まだ使えるモノを捨てるなんて!」
「高かったのに捨てるなんて!」
「食べられるモノを捨てるなんて!」
意を決した片付けが「もったいない」という思いで停滞してしまう。
私たちは社会教育の中でもモノを大切にすることを教えられてきました。
そう、使えるモノを捨てることは「もったいない」のです。まさしく正義の教えです。
しかしそれはモノから見た、モノを主役にした一面にしかすぎません。

ではひとつ質問を。
「私を主役にモノを捉えると?」
大切な命を育む癒す住空間。
疲れを癒し安心安全であるべき住空間。
家族が集う、幸せの住空間。
それがまだ使えるからとそこでくつろぐ私の存在は二の次にしてモノを主役に考えた結果、留まり、堆積させているとしたら。
住空間を閉塞感いっぱいにしているとしたら。
主役は私のはずなのに、住まいで大きな顔をしているのはモノ。
これが「もったいない」の落とし穴。
「もったいない」、この言葉をまずは私自身にそして私の大切な住空間に投げかけてみましょう。
「使わないモノで埋まっている住空間こそ、もったいない!」
このように考えてみませんか?

過剰に気づいたらまずは取り除くことから

自分にとって心地よい住居を実はどうでもいいモノで詰まらせていませんか?
人生、時間も空間も有限です。
「もったいない」の落とし穴にはまっていませんか?

モノは「使えるから」住まいにあるのではなく「私が使うから」そこにある、そんなモノたちに絞り込んでいきたいですね。
そして「私が使うモノ」「私が好きなモノ」そういった良好な関係のモノたちに囲まれたシンプルな暮らしが営めるようになりたいものですね。

このコラムを書いた専門家に質問できます

こばやし りえさん
断捨離提唱者やましたひでこ公認 断捨離トレーナー

「くらし」のその他の記事

2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ