JIJICO

村越 真里子さん

夫婦問題カウンセラー

離婚しやすい夫婦には共通点がある その共通点とは何か?

2016年8月13日

身近な人との結婚が相次ぐ最近の芸能界

01a5e0351035d0762d2cd82b71ff61f7_m今年は年明けからゲス不倫が相次ぎました。そのせいかどうかは分かりませんが、その後の有名人の結婚は、チュートリアルの福田充徳さん、女子マラソン金メダリストの野口みずきさんに見られるように、相手の全容が分かるフィールドでお相手選びがなされたよう感じました。

これはどういうことかと言うと実は「身近な人」と結婚をした、というところに特徴があり、幻想に騙されない堅実な結婚をしていると言えます。
芸能人には身近な人と付き合うということは、水面下で愛を育くめるというチームワーク的要素もありますが、それ以上に相手の確かな情報が得られるという利点があります。

相手の確かな情報を持って結婚することが離婚に陥らないためには重要

ベッキーさんのゲス不倫で学んだ事はお互いの観察力の不足は不幸をもたらすということです。

例えば社内不倫であれば、相手が結婚しているかどうか、相手の奥様が妊娠中とか別居中とか、それなりの情報は得られますが、まったく業界が違うと相手の身辺が分かりません。
逆に言えば相手の確かな情報があれば不倫の始まりはブレーキが掛かるので、そこまで発展はしないのです。

結婚も同じことが言えます。
相手の確かな情報を持って結婚するのとそうでないのでは、それからの離婚の確率は大きく変わるのです。
離婚しやすい夫婦の特徴は「思っていた事(人)と違った」ということがあります。
不倫の場合は「違っていた」と言うことは愛の終りになることもありますが、逆にのっぴきならない状況になり引き返すことができなくなったりもします。
しかし夫婦ではこの「違っていた」は離婚の可能性を高めることにつながります。
「違っていた」とは、知らなかった事もそうですが、見えなかった部分ということもあります。
そして結婚により変わってしまった夫婦の関係性もあります。

これらのことを恋愛中に出来るだけ等身大の人物像として知ることが出来ると、結婚後の変化にも対応できるもの。
相手の特性は盲目な恋愛中という点を差し引いても、出来るだけ希望的観測をせず、贔屓目を止める事です。
住む世界が違ったり、文字通り遠距離恋愛のような遠い人では尚更幻想を抱かせる事になるので、身近に居て相手の実態を知ることが、出来ることはとても大事です。

相手選びには厳しい観察が大切 結婚はギャンブルではない

例えば、借金に罪悪感のない人はお金がなくても欲しいものを得ようとする我慢の出来ない人。
よく夫の借金が発覚し、驚いて利息がもったいないからと貯金を潰して完済する妻。
何故借金をしたかを考えもせず、借金だけを罪悪視しますが借金が悪いのではなく、借金をした人が悪いのです。

交際中にでも浮気をする人は結婚したら二度としないとは限りません。
ラブラブの恋愛中に浮気する人は結婚してからもしているケースがほとんどです。
新婚時に浮気をする人は、たぶん交際中でもそういうことをする「芽」がある人です。

「結婚したら、きちんとしてくれるはず」は、間違いであり、結婚を賭けにしてはいけません。
結婚はギャンブルではないのです。
いくら観察しても、目が狂っていたら正しく見えません。
観察する側の、定義が間違っていたら、結論を誤ります。
正しく見る目は将来への覚悟も出来るということであり、結果、離婚の可能性を減らす事にもなります。
つまり相手選びの観察から全てが始まっているのです。

結婚する前には両眼を開けて、結婚後は片眼でという言葉がありますが、実はいつまで経っても事実を見る目は必要です。
おかしいなと思った事や間違いには目をつむらずに、蓋をしてもいけません。
問題はその都度、解決していくことが理想の結婚と結婚生活につながるのです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ