JIJICO

きくち みよこさん

心理カウンセラー

児童虐待減少への道 根本解決には何が必要?

2016年8月14日

児童虐待は25年連続で増加 どうすれば減少できるのか?

毎年発表される児童虐待の件数は25年連続で増加の一途をたどっています。
どうしたら少しでも減少への道を開くことができるのでしょうか。

虐待をしてしまう・・・考えられる主な理由のひとつには「虐待の連鎖」があります。
虐待をする母親(父親)自身も、実は幼少期に虐待を受けていたということがよく見られます。
とくに乳幼児期の虐待は脳の発達によくない影響を与え、扁桃体の感受性を高めたり、それを制御するはずの前頭前野の発達を遅らせたりと、その後の成長の過程で「感情のコントロール」に支障をきたす可能性があることが脳科学・精神医学の研究でわかっています。
つまり、親自身が過去に虐待、またはそれに近いものを受けた結果、情緒不安定になりやすい大人になり、自分の感情(寂しさ、不安、怒り)をコントロールできない状況にあると、「しつけ」と称して実は理論も理屈もない理不尽で不当な叱責を罪のない子どもに与えてしまう可能性が高いということです。

虐待は子どもの脳に悪い影響を与え虐待の連鎖を生むことに

それにより、子どもの脳はよくない影響を受け、愛着の歪み、見捨てられ不安、恋愛依存などを引き起こす要因となり、やがて大人になり、満たされない愛情を埋めるためのパートナーを求めさまようことにもなります。

しかし、それは「与える愛」を知らない「求めるばかりの欲望」からの結びつきによるものなので、パートナーとの信頼は簡単に崩れ、子どもにも自分の欲求を満たすためのものを求めるばかりになります。
それは「与えること」「許すこと」「認めること」を知らない愛情表現であり、「真の愛」ではないので何かがあるとすぐに虐待へと変貌するのです。

メディアなどの虐待についての報道では「事件」として事実だけを取り上げ、その背景にあるものや予防としての対策は発信されませんが、未然に防ぐためには、誰を責めることもなく、こうした背景をしっかりと目を向け、フォーカスして、行政と専門家、民間団体と地域住民のヨコのつながりを強化する必要があると思います。

虐待を減らすための基本的な考え方とは

解決のための基本的な考え方は、まず、誰も悪くない、誰のせいでもないことを認識していただき、本来は誰も虐待したくてしているわけではないことを周りの人は理解するようにしてください。

目的は、親や養育者、誰も加害者にせず、子どもを被害者にせず、どちらも救うことです。
親も保護して、こころをじゅうぶん温めてあげる必要があります。
そして、その虐待の裏にある懐疑的で悲観的、否定的な思考の習慣を改善することが大事です。
あるいはそれが脳の神経伝達物質の異常から起こしてしまったものであれば並行して医師による薬物療法も必要でしょう。
見極めが肝心です。

それと同時に次世代のために「自分も他者もどちらも大切にする人間教育」を幼児期から中学までの義務教育期間の中でおこなうこと。
世代間連鎖があるので、それを断ち切るためには、まずは幼児期からの人間教育です。
他者との違いを知り、違いがあって当たり前と教え、違いを認め合い、許し合い、助け合うこころを教えていく、共存する意味を伝えるそんな教育が今求められています。
すべての国民が無料(税金から)で受けられる人間教育の制度を設け、「人を人にする教え」が、虐待だけでなく、平和で安心できる社会を創造するためには早急に必要ではないかと考えます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

きくち みよこさん
心理カウンセラー

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ