JIJICO

益山 真一さん

ファイナンシャルプランナー

史上最低金利での住宅ローンが家計圧迫に 注意すべき4つのポイント

2016年8月19日

史上最低金利での住宅ローンが家計圧迫につながることも

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_m2016年2月末にマイナス金利政策が導入されてから約半年が経過し、住宅ローンの金利は史上最低水準まで大きく下がりました。
金利だけを見れば、最も有利な条件で資金を調達できるといえますが、都市部を中心とした住宅価格は決して安い水準ではありません。
今後、住宅ローンを利用する予定がある方に向けて、住宅ローンの家計圧迫を回避するための4つのポイントを解説します。

1.「住宅価値」が「住宅ローン残高」を下回らないように

住宅ローンの金利は低いため、購入時の頭金をゼロまたはできるだけ少なくして、多くの住宅ローンを借りようとする方が多いようです。
低金利で資金調達できるため、多く借りることには経済合理性があります。
しかし、2012年末から住宅価格が上昇しており、高値圏で推移していることを考えると、価格が下落するリスクにも備えておきたいものです。

基本的には、住宅価値が住宅ローンを下回らないような借入額に抑えることをお勧めします。
前述のように、住宅ローンを多く借りる場合には、住宅ローンがなかなか減らず、住宅価格が下落したために、ローン残高が住宅価格を上回った場合に備えて、いつでも住宅ローンの返済に回せる資金を手元に確保しておくべきであり、手元資金なしに多くの住宅ローンを借りるのはリスクが高いといえます。

2.貸した場合の家賃と住宅ローン等の支出の比較を

「住宅ローン返済額+税・保険・管理費等(住宅ローン等の支出)」と「貸した場合の家賃」を比較しましょう。
基本的には、家賃が住宅ローン等の支出よりも数万円程度以上多ければよいのですが、ほぼ同額であったり、家賃よりも住宅ローン等の支出の方が多くなる場合は、住宅ローンの金利が低水準であっても、住宅ローン等の支出全体は高額であると考えられます。

3.子育て世代は教育資金の準備に支障を来さないでしょうか?

住宅ローンは長期にわたる家計費の固定費となるため、住宅ローンの金利が低水準であっても、住宅ローン等の支出等が高額となる場合、
日常生活費や子どもの教育費等に対して圧迫要因となります。
子どもの人数や進学見込み等から子どもに係る教育費等の予算を立てて、住宅ローン等の支出が家計を圧迫することがない範囲内に抑えましょう。

4.変動金利ローン等の場合、金利が上昇した場合の手当ては大丈夫ですか?

史上最低金利水準の今、変動金利型は0.5%前後、10年固定金利期間選択型は1%未満のものもありますが、将来、市場金利が上昇すれば、返済額が増加する可能性があります。
もちろん、このまま低金利水準で推移する可能性もありますが、金利が上昇した場合にどのように対応するか、家族で対応策を考えておきましょう。

具体的には、専業主婦である妻が働く、生命保険を見直す、小遣いを減らす、外食や旅行を減らす等。
住宅ローン等の支出額が「1万円増えたらどうする?」「2万円増えたらどうする」など、「たら・れば」に基づき、家族で話し合って方針を決めておくことをお勧めします。

マイホーム購入は大きなライフイベントであり、「安くてよいものを買う」という経済合理性が全てではありません。マイホーム購入は「快適に楽しく過ごすための拠点作り」であり、経済合理性を伴わないこともあるものです。
しかし、マイホーム購入が生活を圧迫する要因となりうるか否かという経済合理性を把握・確認し、対応策を立て、実行できることは実行しておくことは重要です。
史上最低金利という言葉に踊らされて、夢のマイホーム購入が家計を圧迫することがないように気をつけましょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

益山 真一さん
ファイナンシャルプランナー

「お金」のその他の記事

2017年7月27日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?
県民性や地域性が離婚に影響するというニュースが話題になりました。なぜなのでしょうか?関西の人を例に挙げて解説します。
2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ