JIJICO

田沢 剛さん

弁護士

中国で商標トラブル「IPHONE」アップル敗訴が意味するものとは?

2016年8月22日

中国で多発している冒認出願によるトラブル

908c4ae936ba708bf14c12b83838aaec_mいわゆる商標権は,「指定商品又は指定役務について登録商標の使用をする権利を占有する。」というものであり,その商標を登録することによって初めて権利として認められるものですが,企業や商品などの商標を第三者がいつの間にか出願・登録してしまうことを冒認出願といい,中国ではこの問題が多発していると言われています。

冒認出願された商標権を侵害したとして訴えられた場合には,訴えられた側は,当該商標権者が商標登録出願する前からその商標を継続使用していたことと,自分の商標であることが需要者の間に広く認識されるに至っていることを証明することにより,継続使用が認められますし,そのような商標を不正な手段により登録したことを理由として商標取消請求をすることも可能です。
しかしながら,いずれの対抗手段を執る場合でも,立証には多大な労力を要するため,最終的な解決までに多くの時間と費用を要することは間違いありません。

著名な商標であっても中国では権利が保護されないケースが多い

また,前記のとおり,商標権は特定の商品やサービスについて商標を独占的に使用する権利であるため,第三者がそれ以外の商品やサービスについて同一又は類似の商標を使用したとしても,基本的には文句が言えません。
しかしながら,その商標が著名になってくると,登録された特定の商品やサービス以外に使用された場合であっても,同一の商標権者が提供する商品やサービスであると誤解される可能性が出てきます。
第三者がこのような誤解に乗じて商売をすることは,著名な商標がそれまでに蓄積してきた信用にフリーライド(ただ乗り)することになりますし,逆に,商標権者の信用を落としめることにも繋がりかねません。

このようなことから,著名な商標につき,登録された特定の商品やサービス以外にも保護の範囲を広げるために,日本では防護標章登録の制度が設けられていますが,中国では,日本のような防護標章登録の制度はなく,これに代わるものとして,馳名(ちめい)商標の保護の制度が設けられています。
この制度は,平成26年5月から施行されるようになったものですが,日本のような独立の登録制度ではなく,あくまでも「需要者間に熟知された商標の所有者が,自己の権利を侵害されたと考える場合」といった個別案件ごとに馳名(ちめい)商標の認定が行われるに過ぎないため,権利保護の制度としては脆弱なものとなっています。

中国に進出するときは商標についての事前の調査や対策が不可欠

結局のところ,日本を含めた海外企業が中国に進出してこのような問題に遭遇しないようにするためは,事前の調査や対策が不可欠となっており,特に,冒認出願を防ぐためには,中国で事業展開する予定のある商品やサービスのみならず,それ以外の商品やサービスについても商標出願をして権利化を図っておくことも十分検討しなければなりません。

このコラムを書いた専門家に質問できます

田沢 剛さん
弁護士

無料で相談してみる

「経済」のその他の記事

2017年7月27日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?
県民性や地域性が離婚に影響するというニュースが話題になりました。なぜなのでしょうか?関西の人を例に挙げて解説します。
2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ