JIJICO

金子 清隆さん

ITコンサルタント セキュリティコンサルタント

リオ五輪報道と人工知能

2016年8月26日

リオ五輪の報道でも人工知能を活用

44f9368ec6574d9b6415f39ca1c01ad0_mリオデジャネイロで行われた夏季五輪大会が閉幕しました。
五輪期間中は様々な報道で競技の状況や結果を確認した方も多かったでしょう。

その中で、米大手メディアの「ワシントン・ポスト(WP誌)」が五輪記事の作成に人工知能(AI)を導入しました。自社開発したAIソフト「Heliograf」を用いて、試合結果やスケジュール、メダル獲得数などを伝える短い原稿を作成し、Twitter(@WPOlympicsbot)やブログを通じてリアルタイムで配信していました。

AIと人間で役割分担

WP誌がAIを導入した理由について、記者を試合結果の速報書きなどの単純作業から解放し、専門性を活かした深掘りの記事作成に時間を割けるようにするため、と説明しています。
記者は会場の様子や選手への取材を踏まえた、解説や分析を含む記事を発信することで、AIと人間が役割を分担しました。今回のリオ五輪での試みはAIによる報道の可能性を知らしめる良い機会だったと考えられます。
今後、11月に行われる大統領選挙でもAIによる報道を活用することが期待されています。

「ロボットジャーナリズム」の現状

米国ではビッグデータ解析やAIを活用し、人的な労力をかけずに記事を作成する「ロボットジャーナリズム」が徐々に広がってきています。
従来、企業業績の発表、災害や事件等、スピードが求められる速報記事では、記者がテンプレートに事実や数字をはめ込んで配信していました。
しかし近年は、提供されるデータやネット上の投稿・ニュースなどをAIが収集、整理して作成した記事を配信する例が増えています。

例えば、LAタイムズ紙はロサンゼルス周辺で発生する地震情報をクエイクボット(Quakebot)と呼ばれるソフトウェアで配信しています。
米地質調査所(USGS)から提供されるデータを分析して自動的に記事を生成し、震動が発生してから3分でウェブサイトに掲載しています。
また、AP通信は米プロ野球マイナーリーグやカレッジスポーツについて、MLBやNCAAから提供されたデータに基づき、米オートメイティッド・インサイツ(Automated Insights)社のAIソフト「Wordsmith」で自動作成した様々な記事を配信しています。
これにより、従来は報道機関がカバーできなかった試合の記事が提供されることになりました。

AIによって記者は必要なくなるのか?

こうしたAI活用のニュースが報じられるたびに、「AIが人間の仕事を奪う」という議論が発生します。
今後、報道記者がAIに取って代わられることはあり得るのでしょうか。

数値などの客観的な情報を使用した定型的な記事の迅速な作成や配信はAIにシフトすることが想定されます。
また、AIが読者一人一人の好みに応じたパーソナライズされたニュースを大量に自動生成して配信する「多品種少量生産」のニュース配信サービスが実現するかもしれません。
一方で、報道記者はAIが収集することが難しい場の雰囲気や人間の感情に由来する事象を取材し、その内容を分析したり、見解を述べたりといった、データだけでは語られない部分を記事としてまとめ、配信することが求められるでしょう。
その意味でAIと報道記者の棲み分けが進み、共存することは可能です。
ただし、生き残るのは取材能力や分析力、表現力などのスキルが高い報道記者に限られるでしょう。
これはAIに脅かされる可能性のある業種全般に言えることであり、単純作業やコピー&ペースト作業を行う労働者は淘汰されるでしょう。

また、今後「ロボットジャーナリズム」が主流となる世界で、従来の各種メディアや報道機関が報道の世界を担っていくのか、それとも、自動運転におけるグーグルの様にIT企業が新たなプレーヤーとして参入するのか、注目したいポイントです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント

無料で相談してみる

「経済」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ