JIJICO

つだ つよし。さん

心理カウンセラー

夏休み明け 子どもの自殺や不登校が増えるとき親に何ができる?

2016年8月27日

夏休み明け 子どもの自殺が最も増えるとき

年間3万人以上。

この数字何か分かりますか?日本の年間の自殺者数です。国際的に見ても非常に多いこの数字。この中には胸が苦しくなりますが、子どもたちの数もカウントされています。

そんな子どもの自殺が最も多くなるのが長期休み明け。その中でも突出して多いのが9月1日、夏休み明けなのです。(内閣府調査)また自殺だけではなく不登校や無気力など、長期休み明けは子ども達にとって何かと変化がある時期です。

子どもの発するサインをいち早く受け取りサポートすることが大切

特に、子どもの自殺に関しては遺書が無い場合が多いため原因が分からない場合も多くあると聞きます。ただ私は、自殺問題にしろ、不登校問題にしろ、直接的なきっかけより、目を向けるべきは複雑に絡み合ったその前にあたる準備段階だと思っています。

というのも、当たり前ですが、「今から自殺します!」「僕 来週から不登校します!」などと表明する子どもはあまり居ません。子どもが人知れず準備段階に入ったそのときに、いち早くそのサインを受取りサポートしてあげられるか?が大切です。

そしてサインを受取る前に大切な事があります。それは「子どもの世界は狭い」という事を忘れない事です。これは決して子どもを下に見ている訳ではありません。

子ども時代というのは、将来 大人として活躍するための準備期間。大人にとっては「そんな事気にしなくても…」と信じられないような些細な事でも 子どもの世界ではとても「重大な事」「大きな出来事」が沢山あります。まずはその事を理解した上で、子ども達が出すサインを受取ってあげましょう。

その気になるサインですが、食欲減退や荒れる行動、自傷行為など分かりやすいものから

  • 周りの音に敏感になる
  • 急に昔の楽しかった思い出ばかりを語り出す
  • テレビなどを見なくなる
  • 写真などを整理したり、大切な物を人にあげる

など気づきにくいものもありますので、普段の行動と比較し、総合的に判断することかが重要です。

親として子どもをどうサポートしていくか

また子ども達の悩み・落ち込みの多くは以下の4つから始まる事が多くあります。

  • 「孤立感」どうせ誰も分かってくれない・助けてくれない
  • 「無価値観」私なんか居なくても構わない
  • 「怒りの未処理」強い怒りの排除ができないままでいる
  • 「時間の思い込み」苦しい状況が一生続くという思い込み

から心理的視野狭窄に陥り、引きこもったり、最悪には自殺以外考えられない心理を持ってしまいます。

子どもからのサインを受取った場合は、この4つも頭に入れながら、

  • 説得ではなく話をただただ聴いてあげること
  • 逆に親が学生時代の辛かった想い出をただただ話し聴いてもらうこと
  • 家庭ではお手伝いをしてもらいながら共助の感覚を育てること

なども効果があると思います。

ただ、子どもは親に心配かけたくない想いから、なかなか話さない場合もあるかもしれません。その時こそ、第3者のカウンセラーや電話相談「いのちの電話」や「チャイルドライン」の出番です。あなたの気もちに寄り添ってくれる存在が居る事をそっと教えてあげる事も、子ども達を守る事に繋がるのではないでしょうか?私もいつでもお子さんの話を聴ける準備をしておきますね。

専門家に相談してみよう!

つだ つよし。さん
心理カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「教育」のその他の記事

2017年12月11日 GYUさん
アルゼンチンタンゴダンサー、ディレクター及び講師
解決!アスクミー JIJICO
12月11日はアルゼンチンタンゴの日 初心者でもタンゴにチャレンジ!
世界中で老若男女に踊られているアルゼンチンタンゴ!ダンスの技術の他に文化風習を学び世界中の人と繋がれるシンプルなダンス。そしてタンゴの技術は姿勢がきれいになりダイエットなどにもつながります。
2017年12月11日 松本 孝一さん
介護事業コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
認知症患者の割合、先進国で日本が1位
認知症患者の割合が先進国で日本が1位となりました。なぜ、日本は認知症患者数が多いのでしょうか?また、認知症患者数を増やさない取り組みを世界に発信することが必要となる点について解説します。
2017年12月10日 岡部 眞明さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
副業容認の方針は長時間労働を是正する「働き方改革」と逆行する?
副業容認は「働き方改革」19の対応策のうちのひとつ。「働き方改革」は、個別対応策ではなく全体を政策パッケージとして評価すべし
2017年12月10日 片島 由賀さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
世界人権デー 子どもの頃から人権の大切さを学ぶことの重要性
小学校では、人権の大切さを共感して受け止め、実践できるような人権教育を各地で行っています。この取り組みの一端と家庭におけるフォローについて解説します。

テーマ