JIJICO

飯塚 和美さん

心理カウンセラー

切れやすい高齢者が増えたわけは?どのような対策が考えられるか

2016年8月30日

高齢者がなぜ切れてトラブルを起こすのか

最近、テレビのニュースでもシニアトラブルがたびたび報道されるようになり、高齢者による暴行事件が増えていると言われています。「切れやすい原因」はどこにあるのでしょうか?
単に高齢化社会になったからというだけではないように思われます。
現に、老人犯罪者数も人口増加以上に増えていると言われています。考えられる理由をいくつか挙げてみましょう。

・「セロトニン」の減少。
心のバランスを整える作用のある伝達物質セロトニンが減り、心身のバランスが崩れて暴力的になる事が考えられます。
・前頭側頭型認知症。
前頭葉は物を考えたりする場所で、そこが委縮すると理性的な行動が出来なくなり、一般的な行動から逸脱して感情のコントロールや衝動の抑制が困難になります。
平気で思った事を相手にぶつけたり、ルールを無視した行動に出て、それを注意されると怒りだし、時には暴力をふるう事もあります。
・脳の老化。
使っていない範囲がどんどん増えて脳の機能が衰え、その人の持って生まれた性格が顕著になります。
もともと切れやすかった人はさらに切れやすくなります。
・ストレス。
平常心を失う心理状態はストレス反応による可能性もあり、高齢になると不自由な体と精神的ストレス、孤独感や老後不安なども考えられます。

切れやすい高齢者には特徴がある

現代社会に適応できていない高齢者が多くなりました。
切れやすい特徴としては
・かかわってくれる人がいなく、孤独感がある
・日常的な楽しみがない
・人間関係がうまく築けない。
などが考えられます。

特に社会的な認知度が高かった人が退職すると、肩書を喪失して普通のおじいちゃん扱いされるなどでギャップを感じます。
男性の場合、女性と違い人間関係のほとんどが仕事関係だった人も多く、定年退職すると社会から孤立する場合が多くなります。
その結果、疎外感や孤独感が加速するとストレスで暴言、暴力が生じます。

そうならないために高齢者の方が自分で出来る対策としては
・孤立しないよう、外出を多くする
地域行事への参加、ボランティア、趣味のサークルへの参加。
散歩や周辺の掃除でもかまいません。孤立しないためにも出来るだけ外へ出て、少しでも人と会話できる機会を増やしましょう。
・下半身を使った運動
散歩や軽い運動は脳内に酸素が回り、脳の活動が活発になります。
・わくわく感を持つ
オシャレをしたり、いつもと違う料理をしたり、常に新しい事を心がけ、脳を鍛えて心身のリフレッシュをしましょう。(刺激を味わう事が脳の活性につながります)

切れやすい高齢者を生まないために周りの人が出来る対策

そして身近な人のサポートも大切です。高齢者のいるご家族は、「何かしたい」と言った時に「無理だから」「みっともない」などと可能性を絶たずに温かく見守ることも必要です。
何でも代わりに「やってあげる」と自分で出来る事も全部してあげるのも良くありません。
そして、機嫌のよい時にはトラブルは少ないものです。
イライラしていたら反論や否定などはせずに理解して受け流しましょう。
反論すると怒りがエスカレートしてしまいます。
これからも高齢者は増えていく傾向にあります。シニアの人たちには、町会への積極的参加や地域ボランティアなど無理せず孤立しない社会参加をしてもらい、大切な社会の一員だという自覚を持つ事も必要なのではないでしょうか。

                   

このコラムを書いた専門家に質問できます

飯塚 和美さん
心理カウンセラー

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月27日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?
県民性や地域性が離婚に影響するというニュースが話題になりました。なぜなのでしょうか?関西の人を例に挙げて解説します。
2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ