JIJICO

船越 克真さん

教育カウンセラー

親の経済的格差が子どもの教育的格差にならないために何をすべきか

2016年8月30日

経済格差が教育格差につながることは教育基本法に反する

最近「教育の格差」という言葉を耳にします。
親の経済的な格差が、子どもの教育の格差につながっているというのです。
教育基本法第4条第1項には、「すべて国民は、ひとしく、その能力に応じた教育を受ける機会を与えられなければならず、(中略)経済的地位又は門地によって、教育上差別されない」とあります。
もし経済的な理由で進学をあきらめなければならない子がいるとすると、それはこの条文に反するといえそうです。

経済的に不利な家庭の子どものために,義務教育無償,就学援助や奨学金といった制度によって,お金がない子には国などがお金を出して,教育を受けることをあきらめなくてもいいようになっている「はず」です。
しかし現実は,経済的に不利な家庭の子の進学率は低いままです。なぜでしょうか。この条文にそって考えてみましょう。

子どもの能力向上の鍵は本人の努力だけではなく親の経済力にも依存

ポイントとなるのは「能力に応じた」という部分です。
たとえば、子どもが希望する高等学校に入学するためには,入試に合格しなければなりません。
入試に合格できなければその高等学校で学べないわけですから、入試をすることは、教育の機会均等の原則に反するのではないかと考えられます。
しかし、この条文では、「能力に応じた」教育を与えることが求められているのですから、その子がその高等学校の教育についていけるかどうかを試すための入学試験をするのは、教育の機会均等に反していないわけです(これについては学説が二分しており、教育の機会均等に反するという説によった判例もあります)。
また、子どもによってつけたい能力の程度が違います。
たくさん勉強したい子もいれば、勉強はそこそこでいいやと思う子もいます。
たくさん勉強したい子は自分でたくさん勉強して能力をつけて、高等学校や大学の入試に合格すればいいわけです。
つまり、自分の能力は自分の思いや努力によって高めるものだという考えがベースにあるんですね。

しかし、本人の能力は、本人の思いや努力「のみ」によって高められるものなのでしょうか。
入試が難しい学校に入るには、入試専門の塾や予備校に行かなければ難しいといわれています。
その塾や予備校は、授業料が高額です。
ということは、その授業料を賄える経済力がある親の子が、より能力を高めることができます。
また、塾や予備校の授業料が賄えない親の子は、入試に合格するためのハンディがあるわけですから、学校の選択肢も限られます。
ですので、能力を高めるのは、本人の考えや努力だけではなく、親の経済力も大きなファクターであるということになります。

親の経済力に関わらず自身の能力を高める機会が得られることが重要

親の経済力という、子どもにはどうしようもできないことで、それが故に子どもの教育の機会均等が侵されるのは不条理です。
なぜこのような不条理が起こるのでしょうか。
それは子どもの能力を高める経済的負担は親がするのが原則であり,その負担が大きすぎるからです。
つまり,親にお金がないと子どもの能力を高める機会が得られない。
これが、お金のない家庭の子が進学をあきらめなければならないという教育格差の根本的な理由です。

最近は、学校やNPOなどが放課後や土曜日などに塾のようなものを開いて、無料または廉価で学びを提供しようとする動きがあります。私は、このような、親にお金がなくても能力を高めることができる機会が、どの子にも与えられるようになってはじめて、「能力に応じた」教育が、教育の機会均等にかなうようになると思います。
世の中が放課後や土曜日での学びに理解をし、そのための財政的な援助ができるようになることを望みます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

船越 克真さん
教育カウンセラー

無料で相談してみる

「学び・興味」のその他の記事

2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ