JIJICO

村越 真里子さん

夫婦問題カウンセラー

何がきっかけで不倫は始まるのか?配偶者の不倫を見抜く秘訣とは

2016年9月1日

不倫の予兆となる出来事というものはあるのか?

14fa098406b8fb8478eeb8455df606a2_m不倫は何がきっかけで始まるか?また、また配偶者の不倫を見抜く秘訣を書いて行こうと思います。
今年は年頭からゲス不倫のベッキーさんや宮崎元議員、乙武さんなどが芸能界をにぎわしました。ファンモンの加藤さんに至っては、子供さんまで産まれてしまいました。

不倫というものは、もはや業界や男女問わず、なんでも、どこでもありの感すらあります。
人のタイプで云えば、そんな風に見えない人に限って、不倫が発覚するなんて事は日常茶飯事。
という事はそんな風に見える人や夫婦において前科?がある人はやっぱりという事で、予想を裏切らない予兆は見逃してはいけないということになります。
ではその予兆となる出来事というのはどういうものがあるのでしょうか?

不倫願望のある夫は仕事上での行動に表れる

生きている業界や地位、金銭的な条件。
不倫は千差万別、いかなる人にでも起きうる世界です。
不倫のきっかけは、どこにでも転がっているのです。
もう道端に落ちている石ころと同じくらいです。
でも転んだらいけないと注意をしている人は、つまずかないように注意して歩いています。
しかし転ぶことがあまり怖くない人は、細心の注意を払いません。

不倫のきっかけもよく似たもので、不倫をしてはいけないと自分に厳しく律している人は異性と深く関わることを、まずは避けます。
仕事上の相談を持ちかけられても、それは社内で答えるようにします。
会社帰りのお酒のある所で、二人っきりで話しをすると、ついついつまずくようなことがある、ということを知っているのです。
例えそれが、想像しすぎと思おうが、何が起きてもおかしくないという事を大人であれば警戒するのが普通です。
不倫をしない人は異性と仕事外で二人っきりで会う事は、避けるのです。

一方、そもそも不倫願望のあるサラリーマンは、わざと残業で二人になるような機会を作ったり仕事の帰りに、二人で食事にいったりと、浮気へのレールを自ら敷いて行く傾向があります。

こういう時期は、まだ浮気という形にはなっていませんが、願望のあるだけの段階は家庭で妻には夕食を食べながら何気なく話題にしています。少し楽しい気分になると関心のある同僚の事を話したりします。

不倫という形になっていない最初のうちは気を許している妻に相手女性の事を、無防備に話をしている事があります。
そして実際、その同僚との浮気が進み、何なら妻に夫の行動を疑われ出したりすると、途端にそういう女性の話題をしなくなります。
そして、そういう存在を否定します。
何ならその同僚を「おばちゃん」だとか少しけなすような言い方をする場合もあれば、同僚は「彼氏がいて間もなく結婚する」という言い方で相手の説明をし、そのうち、相手の事は、一切口にしなくなります。

つまり、浮気なんてするはずがないという逆説を言って疑いをかわす訳です。
残業が続いたり、休日出勤が増えたりしている、こういう時はすでに浮気は始まっている見るべきです。
つまりカムフラージュが始まっているという訳です。
浮気発見という観点から言うと、これまで何気なく話していた人物の事を話さなくなったりすると、この時が、浮気の創生期と言えるでしょう。

不倫中の妻は夫の知り得ない時間が増える傾向に

妻の場合は、同窓会や友人知人との会合と言っては家を空けます。
幼い子供が居る場合は、妻の実家に帰ったりして、自分の親に子供を預ける事が増えます。
これらの事で、分かる事は不倫には時間が不可欠という事です。
まず不倫は時間がないと出来ない事なので、夫や妻には正当な理由を作っては、相手と会う時間を作ります。

不倫をしているかどうかを見抜くには、まず使途不明のお金や使途不明の時間がないかを確認しましょう。
これが妻の不倫であれば、あまりお金の心配はないかもしれませんが、男性である夫が不倫をすると必ず、お金や時間の使い方がこれまでと違ってきているはずです。
本当に休日出勤が増えたり仕事だと称し、帰りが遅い場合は、きっと残業手当などで、お給料が増えているはずなのにどういう訳か、給料が変わらないサラリーマンが居たとしたら、それは自分で時間もお金も使っているという事です。

分かりやすい不倫の見分け方 定期的にチェックしましょう

と、云う事で 分かりやすい不倫の見分け方を簡単に書きます。

【夫編】
●収入を隠しだすか生活費を入れなくなるか、減らしだす。
●妻と寝室を別にしたりセックスをしなくなる
●出張と言って外泊は増える
●残業、休日出勤が増える
●携帯電話をロックしたり送受信履歴を削除する
●預貯金を気にしだす
●生活費を入れなくなったり、減額をしだす
●急に離婚や別居を云いだす

【妻編】
●下着が派手になる
●夫と寝室を別にしたりセックスをしなくなる
●実家に帰ったりして外泊は増える
●パートの寄り合い、休日出勤が増える
●趣味(ママさんバレーやPTA)
●携帯電話をロックしたり送受信履歴を削除する
●預貯金を気にしだす
●急に離婚や別居を云いだす

以上、不倫の兆候は夫も妻もよく似ています。

ちょっとだけ注意と関心を持てば、異変には気付くはず。
本当に不倫が深みにハマって行くのは、自分の伴侶に、パートナーの変化にも気づかれないという事が原因です。
これは気付かせないようにしているのか、パートナーの異変には関心すらないのか、このどちらかと言えそうです。
問い詰めるという猜疑心は、よけいにパートナーを遠ざけますが、適度な猜疑心は持って観察する。
つまり、1年に一度くらい健康診断をするように、夫婦の間に何か起きてないか?適度なチェックは怠らないようにしましょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ