JIJICO

大場 慶夫さん

心理セラピスト 心理カウンセラー

本番に弱いのは何が理由?本番に強い人になるには?

2016年9月4日

本番に強い人と弱い人の違いはどこにあるのか

先日閉幕したリオデジャネイロオリンピック。
過去最多のメダル獲得数で日本中が熱狂しました。
期待通りだったり、期待以上の活躍で絶賛された選手もいれば、実力を発揮できず思うような結果を出せなかった選手もいます。

日本選手だけでなく、競技を見ていて思うのは、本番に強い選手もいれば、逆に本番に弱いように見える選手もいます。
そして、これは競技などの場面だけでなく、仕事や人間関係などでも同じようなことがあると思います。
では、本番に強い人と弱い人の違いは何でしょうか?

本番に弱い人に共通する傾向について

「本番」と呼ばれるような場面では、いったいどんな感覚や感情を感じているでしょうか?
例えば、「よし!やってやるぞ!」「ここで決めるぞ!」というように前向きで自信を感じるような感覚もありますが、逆に「上手くできるか?」「ここで失敗したらどうしよう・・・」と後ろ向きでマイナスな感覚を感じることもあります。
マイナスな感覚の原因は、ひとつは失敗することに対する恐れや不安、もう一つは期待に応えられなかったらどうしようという不安や恐怖です。そして、それらが「プレッシャー」や過度な緊張となって表れるのです。

人は誰でも失敗したくないと思っています。
例え失敗したとしても、失敗したらやり直せばいい、失敗は成功の元などと思えればよいのですが、失敗したくないという思いが過度に強くなってしまうと、失敗することを恐れるあまり、失敗した時のことを想像してしまいます。
よく自己啓発の本やセミナーでは、潜在意識は良い悪いの判断がないので、想像したとおりの結果を引き起こしてしまうといわれています。「引き寄せの法則」といわれるものですね。
失敗することを避けようとすればするほど、「失敗」にフォーカスしてしまうので、結果的に「失敗」を引き寄せてしまうという結果になってしまいます。

スポーツなどでは「自分との戦い」などと言われることがありますが、自分との戦いの背景に、人の期待に応えなければいけない、他人の評価で自分の価値が決まってしまうなどという考えがあると、自分との戦いのはずが人のための戦いになってしまい、それがプレッシャーとなることが多いと思います。
素晴らしい結果や成果を出すことは、周りで応援している人や関係している人にとっても良いことで嬉しいことですが、仮に上手くいかなかったとしても、その人自身を否定するようなことにはならないはずです。
ですが、人のため、他人の評価を強く意識するクセがあると、「上手くいかないこと=ダメな自分」という構図ができてしまい、先ほどの話と同じで「失敗」にフォーカスしてしまうことになってしまいます。

本番に強い人になるにはどうすれば良いか

では、どうすれば過度にプレッシャーを感じずに、本番で本来の力を発揮できるのでしょうか?
それは、例え勝ったとしても負けたとしても、例え上手くいったとしても上手くいかなかったとしても、どんな結果でも受け入れられるかどうかだと思います。
本番に望む前は、良いイメージも悪いイメージもできるはずです。
それが悪い結果を避けようとすればするほど、悪い結果に意識がいってしまうのです。
上手くいくことに越したことはないが、例え上手くいかなかったとしても、ベストを尽くせればよい、また次に挑戦すればよい、とフラットな感覚で思えれば肩の力を抜いて本番に望めると思います。

そうは言っても、なかなか自分ではコントロールできないのが無意識です。
もし、いつもいつも悪いイメージが先行してしまうのであれば、過去に何か大きなトラウマや失敗に対する嫌な記憶や恐怖があることが考えられます。
過去に体験した出来事とこれから挑戦して体験することは全くの別物のはずです。
しかし、どこかでそれが同一視されてしまうことがあるのであれば、それは過去の出来事が自分の中で完全に消化できていないためです。そのような場合は、過去の出来事を体験した際に感じた感情を癒して、過去の出来事を完了してあげることが必要です。
トラウマは感情を癒すことで軽くすることができます。

また、自分に自信が持てれば、本番に強くなれると思われますが、上手くいく、結果を出せると信じることが「自信」ではなく、どんな結果でも受け入れてベストを尽くせるのが「自信」だと思います。
そして、例え結果が悪かったとしても、他人や環境などのせいにするのではなく、結果に対して責任を取れることが本当の「自信」ではないかと思います。

このコラムを書いた専門家に質問できます

大場 慶夫さん
心理セラピスト 心理カウンセラー

「くらし」のその他の記事

2017年7月27日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?
県民性や地域性が離婚に影響するというニュースが話題になりました。なぜなのでしょうか?関西の人を例に挙げて解説します。
2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ