JIJICO

青柳 雅也さん

心理カウンセラー

SNSへの依存とトラブルを起こす中高年が増えている理由とは?

2016年9月5日

若者のみならず広がりを見せるスマホ社会

c087275192da77a069014b0b43a9bacb_mいつの間にか携帯電話といえばスマホの世界になりました。
電話にカメラの機能がついて、人に送ることができるというのがセンセーショナルだった頃は、遠い昔のようです。
もはや、携帯電話としての機能のみならず、ゲーム機、ナビゲーション、パソコン、銀行振込、TV、音楽プレイヤー、様々な機能が集約されている機器になりました。
そして、人と人のコミュニケーションの中心に君臨したのが、スマホを通してのSNSではないでしょうか。
昨今、中高年にも広がりをみせているSNSですが、実は中高年ほど、さじ加減がわからずSNSにのめり込み、そして心への負担になっているというのです。

初心者マーク故に…

若者たちにとって、SNSというツールは自然に馴染んでいるものであって、「友達」と「SNS上の知り合い」のような区別は自然とついています。
ところが、リアルな対話のコミュニケーションや手紙、電話というツールを経験してきた中高年にとっては、SNSというのは初心者マーク同然のコミュニケーションツールです。
かつて使ってきたコミュニケーションツールにおける「礼儀」たるものが、そのままSNSに継続されてしまうことがよくあるのです。
・早く返事をしなければいけない
・等価分のお返し
このような「礼儀」をSNSに適用したらどうですか?
それは自分に対して重荷になってしょうがないですよね。
若者が”イイネ”を押すのに、本当にいいのかどうか考えることなんてそうそうありませんが、それは自然にできていることなのです。

若者の「依存」のそれとは違う負担

若者がスマホやSNSに依存しまうのは、認められたい(承認欲求)、誰かとつながりたい(親和欲求)が満たされることで脳内に”快”を感じるホルモンが出るからです。
仕組みや文化を理解しているので、イイネがついている数や赤色のバッジ表示に”快”を感じるのです。
しかし、中高年にとっては仕組みや文化は馴染んでいないことです。

しかし、スマホやSNSに手を伸ばすのは何故だと思いますか?
そうですね。「つながりたい。」ただその気持ち故の行動です。
息子や娘かもしれません。孫かもしれません。
中高年がスマホやSNSの機能を“オマケ”程度にして無理に使わないほうが私はよいと思います。
自分が大事にしてきたコミュニケーション文化の良さを逆に若者たちに伝えていくことは、とても価値のあることですよね。

このコラムを書いた専門家に質問できます

青柳 雅也さん
心理カウンセラー

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ