JIJICO

大崎 清美さん

心理カウンセラー

子どもの悩みを解決するのに第三者のカウンセリングが有効なわけとは

2016年9月6日

親に心配させたくないという理由で悩みを相談しない子どもは多い

子どもが学校に行きたがらなかったり、友達と遊びたがらなくなったり、突然泣いていたり、元気が無かったり、そんな時、保護者の方はどのような声掛けをしてらっしゃいますか?

「どうしたの?」こう聴くのは一般的ですよね?!私が気になるのは、その時のお母さんの姿勢なのです。
子どもと向かい合っていますか?目を見ていますか?何かをやりながらの片手間ですか?

お母さん自身のメンタルについて、不安なことはないですか?!
子どもは、母親の心理状態を読み取ります。お母さんに余裕が無いと、子どもは無理してでも心配かけまいとして「何でもないよ」「別に」って言います。

お母さんを悲しませたくないのです。この状況はよくあります。
この言葉をお母さんが鵜呑みにしてそのままの状態か、もしくは様子を見ようと見守っているのなら、まだ安心なのですが、日々の生活に追われてしまいそのまま忘れてしまうということも多いのです。

第三者のカウンセリングが有効なことも多い

子どもについて第三者に相談するタイミング。これが今回のポイントです。
しかしカウンセリングというのは、一般的に医療的なイメージがあるのではないでしょうか?

次の話は私が関わった実際の事例です。
高校生の女の子が恋愛問題で、学校で問題になってしまい、今後どうしていくか悩んでいました。
連日親子で喧嘩になり、話し合いにならないということで、連絡をいただきました。
一度相談したい、子供と話をして欲しいということでした。

勿論私は、お引き受けしましたが、問題なのはどう彼女と接触するかでした。
このようなケースは初めてでないので、保護者の方に導入方法をお伝えしました。
守秘義務があるので詳しくは書けませんが、娘さんの意思を尊重しつつ、自然な形で保護者の方に、娘さんと逢えるよう説明をしました。この導入が難しいと私は想っています。
保護者の方が娘さんと話をしている中、感情的になってしまったようで、娘さんは「私はどこもおかしくない」「精神病」じゃないと言ったそうです。

カウンセリングという言葉の使い方を、考えなくてはならないと感じることが多々あります。
私は、ほとんど使いませんが、保護者の方は何とかしようと必死なあまり、「カウンセリング受けよう、病院行こう」と言ってしまうのです。
もちろんカウンセリンがいけないものではないのですが、当の本人からすると精神的に病んでいる状態と見られるのは我慢ならないのでしょう。

この例は、事態が深刻になってからの相談でしたが、最近の事例で、小学生の娘さんの様子が少しだけおかしいと感じたお母さんが、まずは一人で相談に来られ、娘さんと私が話をする場を設定する段取りを決め、いたって自然に、ただ私と話をさせようとオフィスに再び遊びに来てくれたのです。
聴いていくとその子は、いじめにあっていました。

子供の様子がおかしい事で騒ぎたてるのでなく、ほっとくのでもなくタイミングをみて、大事になる前にプロに相談をすると言う理想のケースでした。
その子は、話をしている中で、お母さんのいない所で話をしたいと言い、聴くとお母さんに心配を掛けたくないということでした。

日頃から第三者の介入により、保護者と子供とのつなぎ役として、専門家を利用することをお勧めしたいと想います。
私はまずは子供との信頼関係が、一番大事だと想っています。
子供たちが親にも友達にも学校の先生にも言えない、だけどこの人には言えると言う、第三の場所を作ってあげることが必須だと想っています。

このコラムを書いた専門家に質問できます

大崎 清美さん
心理カウンセラー

「こころとからだのケア」のその他の記事

2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ