JIJICO

亀森 直さん

獣医師

ペットの健康を守るため かかりつけ動物病院を選ぶ5つのポイント

2016年9月7日

かかりつけ動物病院を選ぶポイントとは?

6434818455b86054f2dc96a8c184384f_mみなさんは動物病院のかかりつけをお持ちでしょうか?
ヒトの場合のかかりつけ医とは、ふだん自分がかかりつけていて、何でも気楽に相談できるお医者さんという意味です。
ペットの場合もこれと同じ、かかりつけ獣医またはかかりつけ動物病院というものがあります。
たとえば、いつも予防注射に行っている動物病院はかかりつけと言えるかもしれませんね?
「家から近いから」という理由で選んでいる方も多いと思いますが、それだけで選んでいいのでしょうか?
その他にもかかりつけ動物病院を選ぶ重要なポイントがいくつかあるので参考にしてみてください。

1、話をじっくり聞いてくれる

自分の治療方針を押し付けてくる獣医ではあなたの都合や意見は聞いてもらえません。まずは聞いてもらうことが大切です。

2、病気歴や飼い主の家庭環境などを総合判断してアドバイス

これまでにかかった病気、身体状態、生活状況、家族関係などから総合的に診断し、適切なアドバイスをしてくれるというのも大切なポイントです。
「木を見て森を見ず」というのが獣医療でもよく言われます。
見えている病気だけにとらわれていては気づかないこともありますし、治療をするには飼い主様の家庭環境も重要です。
そのあたりをよく分かっている先生が名医かもしれません。

3、病気や治療法、薬について、わかりやすく説明してくれる

最近ではインフォームドコンセントが当たり前のように言われるようになってきました。
毎回よく分からない治療をされていては、かかりつけとしては不安です。
しっかりわかるまで説明してもらいましょう。

4、精密検査や入院が必要なとき適切な病院や専門医を紹介してくれる

かかりつけ医の仕事はすべての病気を治療することではありません。
自分の病院で治療できるかどうかをちゃんと見立てた上で、治療できない場合はしかるべき病院を紹介できるのも必要な能力でしょう。

5、いざというときに往診してもらえる

もしあなたがペットを病院に連れて行けない場合、家まで来てくれる病院はありますか?
往診専門の先生にお願いするのも手ですが、それまでの治療経過を全く知らない場合は治療が困難かもしれません。
かかりつけが往診してくれるのが一番です。

病院の特性を確認してかかりつけの動物病院を選ぶことが大切に

いかがですか?あなたが今通っている病院はいくつ当てはまったでしょうか?
すべて合格となるとちょっとハードルが高いかもしれませんが、なるべく多い方がかかりつけ向きと考えてください。
逆に、1つも当てはまらない場合はもう一度検討し直した方がいいかもしれません。

よくいくつかの病院をその場に応じて使い分けておられる方もいらっしゃいますが、どこの病院でどんな予防をして、今までどんな治療を受けたのか把握できずに困ることがあります。
場合によっては経過を聞くだけで時間がかかってしまったり、同じ検査をやり直さなければいけないこともありますので、なるべく信頼できるかかりつけを1か所持つことをおすすめします。

最近、動物病院も多種多様になってきました。それぞれ得意・不得意分野があり、規模の大きい・小さいもあります。
今後、ますます一次診療を目指す病院と二次診療を目指す、専門性の高い病院や総合病院に分かれてくることでしょう。
まだかかりつけ動物病院のない方は、上のポイントを参考に自分に合った、かかりつけに適した動物病院を探してみてください。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

亀森 直さん
獣医師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

テーマ