JIJICO

小森 剛さん

ゴルフインストラクター

ゴルフもビジネスもデキる人は歩くのが早い!両者の密接な関係とは?

2016年9月8日

ゴルフもビジネスも本質は同じ

5c5838bea0288e075050cd227167dc26_m私はゴルフのインストラクターです。
そしてゴルフスクールでレッスンをする傍ら、ゴルフスクールを運営する会社の経営者です。
私は元々サラリーマンでしたが、29歳の時に一念発起し、ゴルフインストラクターに転身しました。

当時は、経営者になることなど全く考えていませんでしたが、会社の役員の方々が様々な事情で次々と会社を辞められ、残った私が経営をせざるを得なくなったのです。
経営に関してはズブの素人、しかも時代はバブル崩壊による平成大不況の真っ只中。
経営など上手くいくはずもなく、赤字続きでとても厳しい状態が続きました。

私とて生活がかかっています。
会社の業績を上げるべく、経営に関する本を読みあさり、経営セミナーを受けまくるなど必死で学びました。
私がラッキーだったのは良い出会いが沢山あったことです。
知り合った多くの方々から、とても多くの且つ貴重なことを学ばせていただきました。
そして学んだことを地道に実践していくうちに会社の経営も徐々に良くなり、1年少々で黒字化することができたのです。

サラリーマン経験、経営を通じての学び、そしてゴルフ指導。これらの経験を通じて分かったことがあります。
それは「ゴルフもビジネスも本質は同じ」ということです。

プレーが早い人はゴルフが上手い

このことに気付けば、ゴルフの上達のためのヒントを、ビジネススキルを向上させることに役立たせることもできます。
また、ビジネスで身に付けた様々なノウハウをゴルフに活かせれば、ゴルフも上手くなります。

とはいえ、ピンとこない人も多いかも知れません。そこで一例を挙げましょう。
ゴルフが上手い人はプレーが速いです。特に歩くのが速いです。
同様にデキるビジネスマンも歩くのが速いです。街の中でもオフィスでもシャキシャキ歩いています。

何故、ゴルフでもビジネスでも、デキる人は歩くのが速いのでしょう?
それは、歩くのが速いとそれだけ早く目的地に到着でき、より多くの時間を作ることができるからです。
多くの時間が作れれば、それだけ出来ることも増え、より多くの仕事をこなすことが出来るわけです。

ゴルフでもボールの所に早く到着できれば、それだけ時間を有効に使うことが出来ます。
ゴルフで良いスコアを出すには、単にボールを打てば良いというわけではありません。
打つこと以外にもやらなければならない事が山ほどあります。

残りの距離をジャッジする。
ボールのライ(芝の状態)やコースの高低差、風の状況など多くの情報を収集する。
その上で、どのクラブでどう攻めるかを考える。
必要なクラブを取り出す。
これから打とうとするショットをイメージする。等々・・・

仕事のスピードが早いと信頼も得られる

これら一連の動作を隈なく行ってはじめてナイスプレーが生み出されます。
良いスイングを習得していれば良いスコアが出せるという訳ではないのです。
その上、ゴルフでスロープレーは厳禁です。
同伴競技者だけでなく、後続組にも迷惑がかかるからです。
ですから、迅速にプレーを進めながら、限られた時間でやらなければならない多くのことを的確にこなすには、出来る限り速く歩き、それらにかかる時間を確保しなければならないわけです。

またデキるビジネスマンは、歩くのが速いだけではなく仕事そのものが早いです。
仕事の処理が早いのは勿論、仕事への取り掛かかり、つまり着手のスピードが早いのです。

例えば、誰かを紹介して欲しいという話になったとき、デキるビジネスマンは間髪を入れず、その場で紹介する人に連絡を入れます。
時間を置いてしまうと、依頼した人は本当に紹介をしてくれるのかと不安になってしまいます。
しかし、その人の目の前で直ぐに連絡を入れてくれれば依頼者も安心し、その人への信頼度も増すわけです。

いかがでしょうか?
オフィスやゴルフ場をダラダラと歩いている人は、歩くスピードを少し速めることからトライしてみてください。

このコラムを書いた専門家に質問できます

小森 剛さん
ゴルフインストラクター

「ビジネス」のその他の記事

2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ