JIJICO

津田 美智子さん

健康体操指導員

猫背は姿勢の悪さではなく全身のゆがみや縮みが原因 猫背を矯正するには

2016年9月20日

高齢者だけでなく若い方にも近年増加傾向の猫背

近年、高齢者だけでなく、若い方にも猫背の方が増えています。
高齢者は老けて見えますし、若い方はとても不健康な感じを受けます。
猫背って単に背中が曲がっているということだけではないのです。
背中を伸ばしていると思っている方も実は猫背になっている場合が多いのをご存知でしょうか。

つまり腰を反って胸、お尻を出して歩いている方も要注意なのです。
猫背になって顔、頭が前に前傾すると、つま先に体重がかかることになります。
それを無理して頭を上げようとすると胸が出て、腰や太ももに力がかかることになります。
どちらにしても首、腰、足などに負担がかかるので首痛、肩痛、腰痛、膝痛などになる恐れがあります。

人間が2足歩行であることから、どうしても、左右の筋肉バランスが悪くなり、骨盤の歪みからさらに脊柱、肩甲骨と歪み、縮みが連鎖していきます。
くいとめる方法はひたすら身体の中に1本のひもを通すイメージで、身体がまっすぐになることにつきます。
そして、身体がまっすぐになるには体幹を鍛えることが大切です。

猫背を治すための体幹運動

体幹は、胸、お腹をつなぐ深層筋(大腰筋や腰方形筋など)を使うことで初めて強くなります。
ところが、深層筋を使い、体幹を強くするには腹筋を鍛えることが良いと考え、これを続けると、結果的にお腹の筋肉をカチカチに作ることはできますが、猫背を改善することにはなりません。
猫背を改善する具体的なストレッチのイメージとしては、各関節をゆるめながら骨と骨を引き離すような感覚で行います。
すると骨に付着している多くの筋肉が伸びることになります。
そして、関節を介して筋肉がつながりながら全身を伸ばすことができます。
それをかかとから頭まで柔軟に伸ばすことを意識して行うのです。

そのストレッチを行う上で重要なのは、身体への意識を中の筋肉(脊柱や骨盤、大腿骨などとつながった外側から見えない深層部の筋肉)をしなやかで柔軟に伸ばすことで、外側の筋肉(お腹で言うと腹直筋や腹斜筋)をさらに伸ばすという感覚で行うことです。
一見難しそうですが、分かればとても気持ちの良い運動です。

猫背というのは、足、膝、骨盤が内転して歪んでいることから少しずつ脊柱から肩甲骨の歪みにより肩が内転してくるので、いくら胸を出して姿勢を正しても改善されません。

例えば、手の指を組んで、掌(てのひら)を体の前に押し出して頭の上に上げていく運動をした場合、肘を曲げたままで行いますと決して肩は上がらず、肘を横に開こうとしながら上げることにより、お腹と胸が締まります。
肩が上がらないでストレッチをする方法を実践することで、肩甲骨をゆるめながら全身の内転を改善するのです。

身体はかかとから頭までつながっています。
色々な部位のゆがみ、縮みで一体感の無いつながらない身体で生きていますと、各機能の循環が悪くなり自然治癒力の働かない身体になってしまいます。
猫背を治すということは全身の改善を行うということとイコールなのです。

簡単に行う運動として腹筋運動はお勧めです。
先ほど腹筋運動はお腹をカチカチにするだけと言いましたが、腹筋運動で倒れるときに腰を反らない、胸を出さないで、お腹を背骨につけるように伸ばすイメージで行うことで効果を得ることができます。
元に戻るときもお腹をしっかり使って腰を丸く伸ばすように前屈するまで行ってください。
その際、膝を少し曲げて開いたままかかとを左右締めて行います。
この運動を毎日少しずつ注意しながら実践してくだされば、体幹が鍛えられ、しなやかな脊柱と首、頭がつながり美しい姿勢になること請け合いです。
かかと、肘裏と膝裏がお腹とつながるというところがポイントです。
 

このコラムを書いた専門家に質問できます

津田 美智子さん
健康体操指導員

「美容・健康」のその他の記事

2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ