JIJICO

二上 昌弘さん

お墓ディレクター

お墓を購入する適切なタイミングはいつ頃?

2016年9月28日

お墓の適切な買い時とは?

いつの日かこの世を去った後、終の棲家として安住することになるお墓。準備しなければならない事は分かっているけど、なかなか踏み出すことが出来ないという方も多いのではないでしょうか。
「墓石を早く建てると、自分が入る頃には痛んでしまうかもしれない」「もし、墓石を建てて不幸が起きたらどうしよう」相応の予算がかかる買い物ですから、つい慎重になって、お墓の購入に踏み切れない理由は並べてしまいがちです。
では、いつお墓の準備をするのが良いのかと考えてみても、なかなか答えは出ません。そこで今回は、「お墓の買い時」についてどのように考えるか、その道筋について書かせていただきます。

1.財産としてのお墓

お墓は法的には「祭祀(さいし)財産」と呼ばれる財産にあたります。
祭祀財産とは、神様や仏様、ご先祖様などをお祀りするための財産の事を指します。
お墓以外でいえば、お社や祠(ほこら)、仏壇などもこれにあたります。

そしてここが大事なのですが、祭祀財産は相続税の課税対象から除外されます。
どんなに立派なお墓であっても、お墓には相続税はかからないのです。
逆に、相続税が課税されるような財産を遺した方が先立たれますと、相続税を差し引いた遺産からお墓を買うことになります。
相続税対策という意味でも、祭祀財産であるお墓をあらかじめ用意しておくことにはメリットがあります。

2.お墓を生前に用意すると不幸がある?

お墓を生前に用意することに抵抗を感じる方の中には、「友人がお墓を買った直後に、友人の家族に不幸があった。お墓を準備するのは縁起が悪い。」とおっしゃる方もいます。
迷信の一言で片付けても良いのですが、実際に不安を感じている方にとっては、なかなか迷信と割り切れないかもしれません。

私どものお客様の傾向を見てみますと、お墓を購入する方の6~7割が生前での購入・建墓を行っています。
この割合は、他の石材店でも同様と聞いています。仮に年間100件の建墓件数として、60件以上の方が生前に購入されているわけです。
そのお客様の中で、購入後にご不幸があったという話は聞いた事がありませんし、もし、これだけ多くの割合で生前に購入される方がいらっしゃる中、頻繁にご不幸があるのだとすれば、真実味を持って人々の間に伝わり、生前でお墓を建てる人自体、いなくなっているは
ずです。
データの面から言っても、生前建墓を理由にご不幸が訪れるなど、あり得ないことと言えます。

3.厳しさを増す墓地開発環境

近年、墓地の開発計画が立ち上がると、地域住民の方による反対運動が起きることがあります。
墓地の経営許可は市区町村が出していますが、行政としてはなるべく反対運動が起きないようにしたいと考えています。
そこで、各市区町村では、墓地の経営許可に関する条例を改正する動きが多く出ており、以前に比べ、墓地開発の規制がより厳しいものとなっています。

規制によって墓地が作りにくくなっている反面、今後20~30年は死亡者数の増大が見込まれ、墓地需要自体は増え続ける事が予想されるため、お墓参りがしやすく環境が整っているような、より条件の良い墓地は減少していく事になると思われます。

4.技術の発達による耐用年数の向上

早めに墓石を建てると、墓石が風化してしまうのではないか、とご心配なさる方もいらっしゃいます。
現在では、工業ダイヤモンドによる工具の発達により、硬い石に対する研磨の精度が上がっており、以前と比べると墓石が風化したり、磨いた面の光沢が鈍ったりする事が少なくなってきています。
経年変化自体は避けられるものではありませんが、変化にかかる時間が長くなっているということです。

どうしても経年変化が気になる方は、特に日本国内産の硬い石を選び、より腕の良い職人による研磨が出来る石材店を選ぶと良いでしょう。
また、墓石に薬剤によるコーティングを施すことも可能です。

以上の点から考えますと、お墓を早期購入するデメリットは減っており、むしろ、先送りにすればするほど、財産面から言っても、お墓の環境面から言っても、条件が悪くなることすらあります。
つまり、気に入った墓地が見つかったら、早い内に用意するに越したことは無いのです。
「そろそろお墓を・・・」と、思い立ったら、まずは石材店や霊園に実際に足を運んでみて、情報収集をするところから始めてはいかがでしょうか?
その上でご家族と検討することをお勧めします。

このコラムを書いた専門家に質問できます

二上 昌弘さん
お墓ディレクター

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ