JIJICO

松本 孝一さん

介護事業コンサルタント

認知症高齢者の鉄道事故、賠償金を補助 神戸市が救済制度の導入を検討

2016年10月1日

G7神戸保健大臣会合「神戸宣言」!初めて「認知症」がテーマに

207e63ffc9d6eccdda1eada981da2398_m感染症や認知症など世界が直面している保健医療分野の課題について、先進7カ国の担当大臣らが話し合う「G7神戸保健大臣会合」が今月神戸において開催され「G7各国は、すべての人々の健康な暮らしと福祉を確保することの重要性を認識する」などとする「神戸宣言」を採択、閉幕いたしました。

今回、「認知症」が初めてテーマとなり、認知症患者の生活環境の改善を目指した対策に乗り出すことが話し合われ「認知症にやさしいプログラムの構築」「認知症にやさしいまちづくりの推進」が具体的に示されました。
これまでに神戸市は、「認知症にやさしいまちづくり」の推進を進めて参りましたが、更に鉄道事故による「救済制度」を導入することを検討するという、これまでにない制度を発表しています。

認知症高齢者による鉄道事故判決及び「救済制度」とは?

2016年3月に認知症高齢者による鉄道事故の最高裁判決があり、第一審・第二審の加害者遺族による監督義務責任を覆す「逆転判決」がなされました。
しかし、判決では、今後、客観的状況が認められる場合には、法定監督義務者に準ずる者として、損害賠償責任が発生する可能性を示唆しています。
ということは、今後もこの様な事案が予測され早急の対策が急がれますが、現在、認知症高齢者による事故への公的補償制度はありません。
また、認知症高齢者を24時間監督することは不可能に近いと考えられます。

そうした中、神戸市独自の認知症高齢者に対する鉄道事故への救済制度として損害賠償金を一部補助する「事故救済制度」の導入を検討することを明らかにいたしました。
具体的には、加入者の掛け金を財源とする任意加入の共済制度か、市費で支払う給付金制度を検討しており、有識者の意見をふまえ、平成29年度予算案において検討を進めて参ります。

社会全体で、認知症高齢者に対する対策が必要

医療産業都市を推進する神戸市だからこそ「G7神戸保健大臣会合」において、「認知症」がテーマに「神戸宣言」提言できたのではないかと思われます。
これまでも進められていた「認知症にやさしいまちづくり」の一環ではありますが、社会全体で認知症高齢者を支え合い、負担を分かち合うことが必要であると強く発信されています。

また、鉄道事故という観点では、既に多くの鉄道会社においても、認知症高齢者に対する安全確保への投資が検討されています。
認知症高齢者に対する社会全体での取り組みでは、この鉄道事故救済制度は、スタートに過ぎないのかもしれませんが、この「神戸宣言」から、更なる広がりに繋がることを期待しています。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

松本 孝一さん
介護事業コンサルタント

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?
2019年3月6日 池内宏征さん
司法書士
認知症になる前にできることの基礎知識
元気な間に自分が具体的な権限を託す家族信託契約をすることによって、意思判断能力が低下した後も、託された方が本人の代わりに合法的に財産管理をすることが可能になります。今回は、家族信託について解説します。
2019年3月4日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
繰り返されるバイトテロ。なぜ過去の教訓は生かされないのか。
相次いで起こる「バイトテロ」という名の炎上。なぜ過去の教訓が生かされないのでしょうか?また、どうすれば防止できるのでしょうか?
2018年12月7日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
有名企業を装い偽サイトへ誘導、横行するフィッシング詐欺に注意!
偽サイトにユーザーを誘導し、情報を抜き取るフィッシング詐欺が未だに横行しています。最近では手口も巧妙になっていますので、一層の注意が必要です。

テーマ