JIJICO

目代 純平さん

ITコンサルティング、ITコンシェルジュ

人はVRを使いこなせるのか? VR元年に見るその歴史と未来

2016年10月2日

東京ゲームショウ2016の目玉となったVR

8fcc0a38233e000edfa4babd2a6eaf87_m本年9月に幕張メッセで行われた「東京ゲームショウ2016」での一番の話題はなんといってもVR(Virtual Reality;仮想現実)であったと言われています。
10月に日本でもPlay Station 4と接続してVRを体験できる「Play Station VR」が発売されることもあり、非常に注目を集めたようです。これ以外にも今年に入って各社からHMD(Head Mounted Display;頭に直接装着するタイプの高解像度な画面がついたディスプレイユニット)が発売され、それに伴うコンテンツも増えてきたことから、今年2016年はVR元年とも呼ばれるようになってきました。

近年の技術進化により仮想現実の世界が現実のものに

VRとは「コンピューターが作り出した画像を現実のように知覚させる技術」であり、人類の認知を拡張する、という意味で「仮想現実」あるいは「人工現実感」と呼ばれています。

それ自体は以前から聞かれる言葉ですが、近年の技術の進化によって、実写に近い画像がCGで作り出せるようになったり、ポケモンGoに代表されるようなAR(Augmented Reality;拡張現実)によって実在の映像にCGを被せたりすることが可能になってきたので、仮想現実の世界というのはより現実味が増してきたと言えます。
VRは実際に1989年頃から本格的な研究が始まっていましたが、当時の技術ではコンピューターの処理能力もさることながら、画面の解像度も非常に低かったので、画面の中の世界はあくまでもコンピューターグラフィックスでしかなく、現実とはほど遠い世界でした。

しかしながら、近年の技術進化は目覚ましく、そのあたりの問題をほとんど解決してしまいました。
最近のIT技術は精細な映像を作り出すための高い処理能力を当然のように発揮し、4Kや8Kに代表されるような超高画質な映像はあたかもその場所にいるような臨場感を醸し出します。

VRはゲームや映画などの娯楽産業から進化・発展

ところでVRはその研究・進化の過程においては主にゲームや映画などの娯楽産業から広がってきたと言えます。
なぜならば、ゲームや映画はVR要素を取り入れると果てしなく臨場感が広がり、現実味が出て非常に楽しく、充実したものになるからです。
そして、それらは高速かつ精細な制御が必要になってくることから、そこで培ったVR技術が現在では医療や軍事の分野にも応用されるに至ります。
遠隔地から画面を見ながら別の場所にいる患者に対して高度な手術をしたり、地球の裏側から無人飛行機を操縦して敵地を攻撃したりという昔では考えられなかったSFの世界のようなことが現実化しているのです。

VRがもたらすリスクも改善していくことが必要に

このように、様々な分野において今後の発展が期待されるVRですが、あまりにも精細な画像が目の前で目まぐるしく展開されるため、「VR酔い」と言われるような現象が起こったり、目の筋肉や視力が成長段階にある10歳未満の子どもが長時間使用すると斜視になりやすいといったリスクも報告されており、業界では「13歳未満には使用させないことが望ましい」というガイドラインを設けています。

また、ゲームなどでは、そこで繰り広げられる映像があまりにもリアルなため、脳が現実との違いを認識できず、ゲーム内での暴力や殺人などを実社会で起こしてしまうような人が出るかもしれないとも言われています。
その他にも近年の高性能なVRはかなり新しい技術分野であり、人間の心身に対する影響に関しては未知の要素が多いため、今後様々な問題が起きてくるかもしれません。

近年の技術進化はすさまじく、昔夢だったようなことが次々と現実化してきています。
VRに関しても非常に身近なものとなってきましたが、その魅力的な部分や楽しい部分だけをクローズアップして使うのではなく、メリット、デメリット双方をきちんと認識して生活に取り入れていかなければならないと考えます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ

無料で相談してみる

「ビジネス」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ