JIJICO

山中 伸枝さん

ファイナンシャルプランナー

配偶者控除の見直し議論を機に考えたい女性が働くということについて

2016年10月4日

いよいよ本格化し始めた配偶者控除の見直し議論

ちまたでうわさされる配偶者控除の見直し、これまで幾度となく話題にはなっていましたがいつの間にか立ち消えとなってしまっていました。
しかし今回は配偶者控除後の制度についての具体的な議論も始まっており、いよいよしっかり検討していくようです。
控除とは収入から差し引ける経費のことで、配偶者控除の他にも社会保険料控除や生命保険料控除などがあります。
このうち配偶者控除は、配偶者の年収によって受けられるかどうかが判断されるので、これが女性の働き方に悪影響を与えているのではないか、女性が活躍するにあたり足かせになっているのではないかという議論の元、見直しが検討されているのです。

働くことを自ら制限してしまう配偶者控除の現状

配偶者控除というのは、パート勤めの主婦あるいは無収入の主婦をもつ配偶者に対して適用される控除です。
パートの収入だけの場合は、年収103万円以下の方を対象とし、自営業であれば経費を引いた後の所得が38万円以下の場合、夫の年収から38万円控除が認められるのです。
仮に夫の年収600万円で所得税率10%であれば、配偶者控除があることにより3.8万円税金が軽減されます。

しかし年収103万円を超え120万円になると、妻自身の課税所得も17万円発生します。
それにより妻は5%の所得税の支払い義務が発生しますので、納税額は8,500円となります(住民税は考慮せず)。
年収が17万円増えて税負担が8,500円ですから差し引き161,500円家計へのプラスです。

一方妻が103万円以上働くことにより夫はこれまでの配偶者控除がなくなり代わって配偶者特別控除21万円を受けることになります。これによる家計の変化は以下の通りです。
妻の年収103万円⇒配偶者控除38万円による節税効果 38,000円
妻の年収120万円⇒配偶者特別控除21万円による節税効果 21,000円
結果夫の負担すべき税金が17,000円増え、妻のプラス分と差し引くと家計全体のプラスは144,000円となります。

年収が17万円増えても、税負担が増えるとなんとなく損した気持ちになる・・・そう思うと、できるだけ税金の負担が発生しない年収でセーブした方が得!そんな気持ちになるのは十分理解できます。
このような心理が働くことにより、働ける能力があるのに税金のために働き方をセーブするのは、女性の働き方への悪影響なのではないか、これが配偶者控除見直しの根本的な考え方です。

しかも税制のために働き方をセーブする理由は他にもあります。
妻が社会保険に加入するボーダーラインである年収130万円、配偶者特別控除がなくなる年収141万円です。
それぞれのボーダーラインで、女性は悩み、結果働くことを自ら制限しているのではないか、これが議論のもともとのスタート地点です。

配偶者控除の見直しを機に考えたい女性の働き方

でも考えてみると、これは不思議な考え方です。
税金は確かに負担しますが、稼いだお金以上に税金を取られることは絶対にありえません。
税金を払っても、手元にお金は必ず残るものなのです。それをきちんと貯金すれば、必ず資産形成につながります。

さらに言えば、正社員であろうがパートであろうが会社から受け取る給与は「労働に対する対価」です。
ある意味、働くということで得られる世の中からの評価といっても過言ではありません。
それを103万円未満に抑えなくちゃ、130万円未満にしなくちゃというのは、自分自身をずいぶんと過小評価しているということにならないでしょうか?

配偶者控除の見直しは、日本でこれからますます不足する労働力の確保に女性が必要である、先進国諸国から比べると働く女性が少ない日本はもっと女性管理職を増やすべきだなどといった大義名分で語られることも多いですが、本来はもっと人間の本質的なもの、自分はどう社会とかかわりたいのか、どう社会に貢献したいのか、また自分自身の生活をどう支えていくのか、また社会からどのように評価を受けたいのかを一人一人が真剣に考える必要があるという問題提起であるように思うのです。

103万円の壁、130万円の壁などといくつか女性の働き方を制限する「壁」は現存しますが、意外に飛び越えてみれば大した壁ではなかったなと思うものです。
妄想で壁を高くするのではなく、自分自身の「これから」を真剣に考え、目先の損得にだけとらわれない本質的な決断をすべきではないかと思います。

このコラムを書いた専門家に質問できます

山中 伸枝さん
ファイナンシャルプランナー

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ