JIJICO

阿部 泰志さん

学習塾塾長

受験生を持つ親がやるべきことやってはいけないこと

2016年10月10日

受験は子どもがするもの親は良き応援団であるべき

5f21309a8f9a1f62bb2668bebeb79405_m受験はお子さんがするもの、親は良き応援団であることが大切なことです。
つまり、何といっても親が受験生になってはいけないということです。
受験期になると特に「ああなってほしい」「こうなってほしい」という親の気持ちが増してきます。
そして模擬試験の点数に一喜一憂してしまいます。

特に点数は親が見る前に子供は既に見ています。
少なからずその点数に対して子供なりに落ち込んでいることを親は忘れてはならないのです。
点数が取れないときに「ああしなさい」「こうしなさい」とつい言いたくなりますが、子供にとって耳障りなだけです。
そして「こうなったらいいのに」この「のに」が出てきたら要注意です。
子供にとって口うるさく聞こえるだけですから。

受験生の子どもの話をまず全て聞くことが大切

ではどうしたらいいのか。
子供が落ち込んでいるなあと感じたら話を聞いてやることが第一です。
それがたとえ言い訳じみたことであっても話を聞ききることをお勧めしています。
話を聞く際も「そうなの、それで」と相手が話しやすい環境を作る意識が大切です。  

取った点数は消えるわけではありません。
これを次の試験、入試試験に生かしていけばいいのですから。
そうして話を聴き切ったときお子さんの顔を見てください。
スッキリしたいい顔になっています。
そうして「何をしたらいいと思う?」と聞いてあげると自分からあれこれと話が出てきます。
これはコーチングの手法ですが、家庭で話を聞く際に意識して使ってみてください。

以前、子供の中学入試から一緒に勉強をしてあれこれと指示をされてきたお母さんがいました。
中学の勉強もそうでした。
塾での面接もお子さんに話を振っているはずがいつの間にかお母さんがお話を横からとって話をされていました。
お子さんはいつの間にか黙って下を向いていました。
中学から高校への進級が危ういということで塾にやってこられました。
私どもの保護者セミナーにもよくこられていました。
その時、先輩の保護者様の体験談がありました。
お子さんの話を聞くこと、聴ききることを私どもではお伝えしていたのですが、この「そう、それで」を合いの手にして話を聞くことが良いことをお知りになり早速実践されました。
そうしたところテレビのクイズ番組の話をお子さんが二時間も話されたそうです。
そうしてお子さんが話し終えたとき「おかあさん、ありがとう。なんだかスッキリしたよ」と話されたそうです。
それからお母さんは「勉強のことは塾に任せ、自分は子供の健康管理だけしよう」と思ったそうです。
それからお子さんは急激に伸び見事第一志望に合格されました。

他人は自分の思ったようにはなりませんね。
我が子とて同じことです。逆に「こうしなさい」というと反発が出てくることはご存知ですね。
相手が変わらないのなら自分が変わるしかありません。
相手に優しくしてもらいたいなら自分から人に優しくする。
相手に話を聞いてもらいたければまず自分が話を聞く。
お子さんとのことも同じです。
受験生はとかく自分を追い詰めがちですから、話をしっかり聴いてあげることをお薦めしています。

子どもの出来る部分を認めるところから始める

次にテストの答案を見たら×から指摘しないことです。
子供は既に自分の間違えを見ていますから再度指摘されると嫌がります。
ではどうしたらいいのでしょうか? 
そうです。○から見るのです。全部×で絵はありません。
「ここもあっていたのね。この分野はよく取れているじゃない」と出来ているところを指摘してみてください。
そうすると子供の方から出来ていなかったところを言うようになります。
そして何をしなければならないのかも言えるようになればしめたものです。

社会が苦手な中学生がいました。
得意な数学をはじめ他の科目は80点以上をとっていましたが、社会だけは40点前後。
「先生、社会は40点しか取れないんですよ」と隣にお子さんがいるところで言われました。
そのような言動は子どもに苦手意識を更に植えつけるだけです。
「40点しか取れなかった」のではないのです。「40点はとれた」のです。
そうなのです。
やれているところがあるのです。
ですから、まずはやれていること、出来ているところを「認めること」が大切なのです。
認めて褒めることが大切です。
根拠のない褒めは相手に届きません。
具体的に出来たことを認めて褒めることを意識してみてください。
お母さんの取り組みが始まりました。
歴史が苦手なその生徒が一生懸命覚えている姿を認めて褒めるようにしたところ、入試では社会の点数が一番良かったのです。

私の塾の講師に東大の講師がいました。
彼女は運動神経が鈍く、バレーボールの時は一人球拾いをし、水泳も一人浮き輪が必要な状態だったそうです。
しかし彼女は劣等感をもったことはなかったといいます。
小さい頃から人一倍時間のかかる子供だったらしいのですがお母さんは「自分のペースでいいんだよ」と言い続けたそうです。
例えば絵日記を書くのに2,3時間かかったとしても「よくかけたね。頑張ったねえ」と褒めてくれたそうです。
何事にもそうだったらしく、行動が遅いことできないことに対しても怒られなかったそうです。
「自分のペースでいいんだよ」と全てを受け止めてくれたそうです。
そして人と比較せず、出来たことは必ず認めて育てられたと話してくれました。

大人でも認められ、褒められたら嬉しいものです。
お母様が作られた料理を例えば「この塩加減絶妙だね。おいしいね」などと言われたらどうですか?また作りたくなりませんか。
ましてや子供は認めてもらいたがっているのです。
何もないことはありません。
探してでも認めてください。
家で認められると外でも認められます。
家はひとつの社会ですから。
社会で認められるということは合格を意味しますね。
「出来ていること」を認められると今からしようとすることに対して「出来るかもしれない」という気持ちになるのです。
つまり「プラス思考」にすることがポイントです。
「できる」という気持ちにさせることが大切なのです。

最後に、よろしければ著書になりますが「我が子が合格するために親ができること、してはいけないこと」(現代書林)に詳しく書きましたので参考にして頂ければ幸いです。
 

このコラムを書いた専門家に質問できます

阿部 泰志さん
学習塾塾長

無料で相談してみる

「こころとからだのケア」のその他の記事

2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。
2017年7月17日 岸本 貴史さん
人事労務コンサルタント、社会保険労務士
テレワーク・デイを7月24日に実施。働き方改革につながるか?
テレワーク・デイは、2020年の東京五輪を契機とした「働き方改革の実現へ向けた国民運動」です。企業はテレワークを活用することで、人材の確保や生産性の向上が期待できますが、実施に向けては事前に問題・課題の検討も必要です。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ