JIJICO

影山 正伸さん

社会保険労務士

単純労働の外国人確保に道 問題点は?

2016年10月11日

技能実習制度で単純労働を行う外国人労働者は既に入ってきている現状

政府は、「介護」「育児」「建設」など人手不足に悩む業種に単純労働を行う外国人労働者を受け入れるための法整備を目指すとの報道がありました。
現状はどうなのでしょうか?また問題は無いのでしょうか?

現在、技能実習制度(建設、農業、食品製造など許可された業種、介護は許可されていない)での外国人労働者数は21万にも上っています。本来の目的は、最長3年間、日本で技術を学びそれを本国へ持ち帰ってもらうという発展途上国への技術移転です。その目的を理解し、沿うように事業を行っている事業所もありますが、実際には日本人がやりたがらない3K職種などに低賃金で使える労働者として受け入れている、というのが大半です。
そのため、残業代が払われない、最低賃金を下回る、など問題も多く、何よりも平成25年には実習生のうち5,803人が行方不明になっています。
そのまま不法就労していると思われます。

そんなこともあり、民間のブローカーなどが介在する技能実習制度を縮小し、政府が関与して2国間協定を結び、分野別の受入数を管理していくことで、単純労働の外国人を適正に受け入れる新たな制度を構築しようとなった訳です。
ただし、外国人労働者の受け入れには、「日本人の働き口が奪われる」、「治安が悪化する」など慎重論もあり、実現するかはまだ何とも言えません。

単純労働の外国人労働者受け入れは必要か?

日本の15~64歳の生産年齢人口は2013年で7,883万人と32年ぶりに8,000万人を下回り、2040年には、5,787万人まで減少することが予想されています。
65歳以上の人口は2013年で3,207万人から2040年には3,868万人に増加が見込まれています。
生産年齢人口が減少する中、ますます高齢者が増加し、介護などの担い手が不足することは明らかです。
このような状況では、単純労働の外国人労働者の受け入れはやむを得ないでしょう。

政府が関与すれば本当に大丈夫か?

慎重論以外にも、こんな懸念も予想されます。
いくら政府が関与したところで、行方不明になって不法就労する人は出てくるでしょう。
そのような人も不法就労しながらも日本で生活基盤ができてしまったり、例えば受け入れ期間中に子供ができたりしまった人たちを期間終了とともにそのまま帰国させることができるのか、強制的にやれば国際的な問題になってしまうのではないか。
またそのまま日本に居続けた場合に年を取り、働けなくなれば社会保障を誰が払うのか、など様々な問題も起こるでしょう。
これらを上手く解決しながら、受け入れていくようにしなければなりません。

安価な外国人労働者に安易に頼ってしまうと、それこそ生産性の向上が疎かになってしまうことも心配されます。
建設現場などでもロボットがビルを建てていく工法なども開発されたりしているようですが、このような生産性向上を全ての業界が努力をして、労働力人口の減少に立ち向かう必要もあるでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

影山 正伸さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「経済」のその他の記事

2018年9月18日 折山 旭さん
ライフキャリアカウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
日本の新卒・就活ルールが変わる・なくなる?学生・企業ともに時代に即した行動が求められる
経団連のトップが将来的な就活ルールの廃止の意向を表明しました。もし就活ルールが廃止されれば、学生の就活はもちろん、企業の採用活動にも大きな影響が出ます。重要なのは、一喜一憂せず時代に即した対応・行動をとっていくことです。
2018年9月2日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
サマータイム導入によるIT・コンピューターシステムへの影響は莫大!
東京五輪の暑さ対策としてのサマータイム導入は、単純にコンピュータの時刻変更だけに留まらず、膨大なプログラム修正作業が必要とされ、大きなリスクを伴うことが予想されます。
2018年8月5日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
カジノ法案成立、「国の運営だから大丈夫」という理屈と反対意見
カジノ法案が国会で成立しました。国の運営、管理のもとで運営するから問題ないという姿勢に対して、民間事業者の利益になる点に公益性があるのかという疑問や、ギャンブル依存症の増加が懸念されるという反対意見があります。
2018年8月4日 岡部 眞明さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
絶滅危惧種なのに価格の高騰のほうがニュースになる「鰻(うなぎ)」を考える
シラスウナギの不漁で蒲焼の価格の高騰が心配されていている「鰻」。環境省では絶滅危惧種に指定していますが、水産庁は安定供給に力を入れています。まずは、現状を把握しましょう。

テーマ