JIJICO

小田原 漂情さん

塾教師、歌人・小説家

読書の秋 大人は昔読んだ本の読み返しを 子どもには「好きな本」を!

2016年10月12日

読書の秋 大人も子どもも本を手に取ってみてはいかがでしょうか?

e375acb2bb84f22110c78aa784befe68_m『読書の秋』と呼ばれる時期になりました。
なぜ昔から、そう言われるのでしょう。
私は、秋は思索が深まる季節だからではないか、と考えています。
夏が去り、日ごとに日没が早くなって、秋風が心にまで吹きこむ頃になると、感覚が研ぎ澄まされ、本の中にあるさまざまな言葉や思いにひきつけられる、そんなところではないかと思います。

私自身がむさぼるように本を読んだのは、中学から高校にかけてのことです。
もちろん大学は文学部でしたから、量にすれば大学時代に読んだ数の方が多いに決まっていますが、本を求める気持ちが強く、一字一句を自分のものにしようと食い入るように文字を追った、そういう意味では、中高生の頃がもっともはげしい意欲を持っていたのだと思います。
そして、最近になって強く感じることですが、その当時読んだ本こそが、まさに血となり肉となって、私自身を作ってくれたという実感があります。
小説でも詩歌でも、その頃読んだ作品を改めて読むと、今でも心がふるえ、自分自身のルーツの一部がそこにあると感じるのです。
読書には、まさに「人を作る」力と効用があるのだと言えます。

大人の方にお勧めしたい本の読み方

では実際に本を読む上での効果的な読み方について、お話ししたいと思います。
「JIJICO」をお読みになる方々の年代を考えて、おおむね三十代以上の成人の方に、こんな読み方はいかがか、という提案と、「子どもにどう読書をさせるか」という観点から、持論を述べます。

成人の方の本の読み方、選び方には、百人百様のものがあるでしょう。
作家やテーマ、あるいは分野で選ぶ。もしくは話題作を読むと決めている。
こうした基準がそれぞれあると思いますが、それ自体が個性であり、ご自分のスタイルを変える必要はありません。

ただせっかくの機会ですから、ここでは「かつて読んだ本を改めて読み直す」ことを、おすすめしたいと思います。
私の場合、夏目漱石の『こころ』をはじめて読んだのが中3の時で、それから数え切れぬほど、繰り返し読んでいるのですが、そのたびに新しく気づくことがあり、若い時には見えなかったものが年齢を重ねて見えるようになった、そんな経験もしています。
これは他の方も折にふれ言われていることで、ある年齢になってはじめてわかることがあり、またすぐれた作品ほど、読み直すごとにその深さに気づくという「奥行き」を、持っているからです。
この「読書の秋」、ぜひ以前熱心に読んで心にのこった本を、もう一度読んでみて下さい。

子どもに読ませたい本はどのように選べば良いか?

さて、「子どもに読ませる」方ですが、この場合の鉄則は、「子ども自身が関心を持つ本」を読ませることです。
よく聞く親御さんの言葉に、「本を読まないから国語が苦手で」というものがあります。これはまあ「親の心配」としてはその通りなのですが、だからと言って、「文学の名作」をいきなり無理に読ませようとするのは逆効果です。
面白さを見出すことができない本を無理に読むのは、苦痛以外の何ものでもありません。それよりも、子どもが関心を持つ本を、まずは好きなように読ませる。
これが第一歩です。

そして子どもは、いろいろな機会に多くのものにふれて、成長します。
いつの間にか知らないところで、「名作」を読んで心を動かされることがあるかも知れません。
その時、読む力、考える力がそなわっているためにも、好きなジャンル、テーマの本を、自然に読ませることが大事なのです。
好きなものを読む時は、ぐんぐん吸収でき、読む力もついていきます。
そして時々、読んで感じたことを表明するきっかけを作ってあげて下さい。
こうしたことから、子どもは本を好きになり、国語の力をつけていくことになるのです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

小田原 漂情さん
塾教師、歌人・小説家

無料で相談してみる

「学び・興味」のその他の記事

2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ