JIJICO

青島 明生さん

弁護士

辞職ドミノが続く富山市議会 政務活動費問題はなぜなくならない

2016年10月19日

富山で政務活動費の不正受給が次々と発覚

富山市議会で政務活動費の不正受給が発覚して議員が次々と辞職する異常事態となっています。
定数40人のうち、これまで自民党会派10人、民進党系会派2人の計12人が辞職し、11月6日に補選が行われることに。
ただ、まだ辞職には至っていないものの不正を認めている議員も数人います。
実際のところ、当選したての新人議員4人も関与していたり、先輩議員から教えてもらったという話も出ていることから、会派内で申し送られていた可能性があり、今後マスコミや市民が関係資料を情報公開で入手して検討している中でさらに発覚する可能性があります。

なお、これまで逮捕された議員はおらず、捜査状況は不明ですが、10月6日には、富山市が最初に発覚した元議長とこれに協力していた元議員を有印私文書偽造の罪で告発しました。
速やかに告発することを優先し詐欺罪は見送ったということです。

発覚の経緯と実情

何故富山県でこのようなことが起こったのか。
そもそもは、6月に富山市議会がそれまで月額60万円であった報酬を70万円に増額する条例改正案を提案し、これに市民が猛反発する中で強行採決したことで、市民・マスコミが反発しました。
そして、議員の政務活動費の支出報告書や領収書を情報公開請求してチェックを始めました。

ちょうど7月に富山県議会の副議長が領収書を偽造して高額な書籍を買ったことにして政活費460万円を不正に受け取ったことがマスコミの調査で明らかになり、富山市議に対しても厳しいチェック(ほぼ全件裏取り)が行われ、自民党会派会長の不正が発覚し、その後も調査が進むなかで芋づる式に不正が発覚してきたものです。

不正の背景

この背景としては、一旦支払われて余ったら返還する前渡し後清算方式だったため返還を免れたいという議員の使い切り願望がありました。
そして、支出報告書の記載が不十分で、チェックも十分行われていないという会派による管理手続きの緩さもあります。
また、市議会の基準では市政報告会のための資料の印刷代や1人500円までのお茶・お菓子代が認められており、実質は後援会集会なのに「市政報告会」と銘打てば政務活動費による支出が認められ等の支出基準の緩さが、議員の感覚を麻痺させたこともあると考えられます。

法律では、自治体の事務に関する調査研究のための費用とされているのに(地方自治法100条)、充てることができる経費の範囲を条例で定めることができるため、自らに甘い基準としたのです。
しかし、新人候補と現職議員を比較すると、税金で現職に大きな補助を与えることになり、選挙の公正・公平を害することになりかねません。

富山だけの問題なのか?再発防止策は?

これらの事情は全国で共通しており、実際に徳島県、奈良県でも同様の事件が発覚しています。
今後富山市で行われたような市民・報道機関による領収書の裏取り調査が行われると全国に飛び火する可能性は高いと見られます。
このような不正を防ぐためにはどうしたらいいでしょうか?

行われている行為は一般企業での経費の不正や脱税と極めて似ています。
したがって、まず、手続きを適正化することです。
誘惑に駆られやすい前払後返還清算方式を後払い方式に改める、調査報告書に調査・研究の目的事務、関連性、成果に対する評価等具体的な記載がある場合にだけ支出することが考えられます。
これらにより不必要な視察旅行などの調査費用の減少も期待できます。

また、支出基準を厳格にすることです。
後援会活動と境目が曖昧な政務報告会や政務報告書・議員ニュースの印刷・郵送代を認めない、酒代が混入したり、実質的には後援会の集会であるような個人開催の政務報告会の費用も認めなくすることが必要です。
さらに、精算時のチェックを厳格化し、その責任体制を明確化する必要があります。
そして、支出報告書、領収書、帳簿類をネット上で公開し、有権者が誰でも、いつでも、どこでも監視できるようにすべきです。
同一の領収書のコピーと原本で2度請求した事例もありましたので、このようなことをチェックし易くするために、検索、並べ替えのできるデータで有権者に提供する方法も有効です。

このコラムを書いた専門家に質問できます

青島 明生さん
弁護士

「法律」のその他の記事

2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ