JIJICO

金子 清隆さん

ITコンサルタント セキュリティコンサルタント

Yahooメール監視疑惑とプライバシー

2016年10月20日

米Yahooが政府要請によるメール監視を実施か?

fb99ed8da30c92a9546d9f740d7ab7e0_m米Yahooが米国情報機関の要請を受けて、Yahooメール全アカウントの受信メールをスキャンし、情報を提供していたことが明らかになりました。
報道によると、昨年米国家安全保障局(NSA)や連邦捜査局(FBI)から特定の文字列をサーチするよう要請された米Yahooはメールを監視するソフトウェアを開発し、その結果を提供していたとのことです。
米Yahooはこの報道内容を否定し、情報機関からのコメントはありません。
しかし、米YahooのCISO(最高情報セキュリティ責任者)が6月に退任したのはこのことが理由だったという話もあります。
米Yahooは先月もサイバー攻撃により約5億件の個人情報が流失したことを発表したばかりであり、ベライゾンへの事業売却に影響を与える可能性があります。

対テロ・対犯罪対策強化とプライバシー保護

米国では2001年の同時多発テロ事件以降、政府による監視体制が強まる傾向にあります。
そのため、米国のIT企業はテロや犯罪対策のために政府に協力する必要性を認識しつつも、顧客のプライバシーを保護するためにどこまで応じるべきか議論されてきました。

今年の2月には米Apple社とFBIとが対立し、訴訟を起こすまで発展しました。昨年12月に発生した銃乱射事件の犯人が所有していたiPhoneの内容を確認するため、FBIは米Apple社にiPhoneの所有者以外のアクセスをブロックする機能を外すことを要求しました。
しかし米Apple社は、要求内容は捜査当局以外の第三者が自由にiPhoneに侵入可能となるため、当該機能の濫用はプライバシーの侵害につながるという考えからFBIの要求を拒否しました。
この時、他の著名なIT企業であるGoogle、Microsoft、Facebook、Amazon、Twitterなども米Apple社への支持を表明しました。
米Yahooも支持を表明した1社でした。

日本での可能性は?

それでは、日本国内ではこのようなことは起こり得るでしょうか。
まず、国内で運営されるヤフージャパンは米Yahoo社と運営主体が異なり、メールサービスも異なるサーバーのため、今回の報道に限れば、ヤフージャパンで作成されたアカウントのメール内容が監視されていることはないでしょう。

制度面では電気通信事業法で電子メール等の内容は「通信の秘密」として保護対象となっています。
通信傍受法では電子メール等の監視対象は薬物密売や特殊詐欺等に限定されており、かつ裁判所の令状が必要となります。
また監視対象であっても事件と関係のない通信履歴を見ることはできず、監視期間も最大30日です。

とはいえ、一般の方々にとっては普段利用する電子メールやLINE、Twitter等のSNSが監視されていないか不安に思う方もいるでしょう。こうした質問に対しては、「技術的には可能だが、通常の生活を送る限りはほとんど問題ない」という回答となります。
以前話題となった「エシュロン」などのシステムでインターネット上の通信内容は何らかの形でスキャンされていると考えられます。
その対象は電子メールやSNSの他、PSN(PlayStation Network)などのオンラインゲームのチャット等も含まれます。
ネット空間に飛び交うメッセージ情報は膨大な量であり、すべてのメッセージに目を通すことは不可能です。
そのため、特定のキーワードや言い回しを含むメッセージをシステム的に抽出して確認することになります。

その意味では、テロや犯罪と無縁な生活を送る限りでは、自分の発信したメッセージ内容が当局に監視されることはまず無いでしょう。
テロリストや犯罪者の通信内容を監視、傍受することは犯人特定や事件発生防止の助けとなります。
しかし、監視、傍受する機能の濫用や悪用は、犯罪等に関係のない一般の人々の個人情報や活動の漏えいにもつながるため、今後も議論されていく話題になるでしょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月27日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?
県民性や地域性が離婚に影響するというニュースが話題になりました。なぜなのでしょうか?関西の人を例に挙げて解説します。
2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ