JIJICO

大崎 清美さん

心理カウンセラー

出来ない理由ではなくどのようにすれば出来るかを考えるべき

2016年10月23日

出来ない理由を言いがちなわけ

子どもたちがよく新しく物事を考えて親に相談したりする時、「それは○○だから出来ない」「今までが○○だから無理だね」といった言葉をついつい返しがちです。
この言葉が出た時に私がいつも感じるのは、その会話がなされている空間は世の中から止まっている空間だなあと、ということです。
それは親子の会話だけではなく、お役所でも多いように感じられます?!

出来ない理由を言うのは簡単なのです。
大事なことは、どうしたら出来るかを考えていくことなのですが、出来ないと言ったらそれで、その話は終わりなのです。
考えても、考えても、出来ないこともありますが、限界まで諦めないで欲しいと思います。

物事を本気で考えれば考えるほど、どうしたら出来るかを考えるようになると想うのは私だけでしょうか?! 
会話が停滞しがちな会議などで必ず出て来るフレーズ、「今までが○○だから出来ません」
しかし、今までとこれからは違うのです。今までが出来なかったからといって、これからもできないわけでは無いのです。
親子の会話ならなおさらです。

親が言いがちな「今まではこうだった」は子供の心を閉ざすことに

よく子供達に保護者が言う言葉で、子供が親に何かお願い事をすると「今までこうだったじゃない!だから〇〇にしなさい!」大半の保護者の方が、このようにおっしゃいます。
私はその発言を聞くたびに、すかさず次のように言います。「お母さん!今までは今までで、子供は特に昨日から今日であっても成長しています。良いにしても悪いにしても、以前の感情とは明らかに違うのです。ですから子供の成長のためにも、今まではこうだったという言葉は使わないようにしてください」と。

「今までが」と言われた瞬間、子供たちは心を閉ざします。
これは親子の関係だけではありません。
会社組織でも行政機関でもあります。
人との関係性の中で、つきものかもしれません。少し、振り返ってみて下さい。
言ってしまったり、言われたりしたことはないですか?!
その時の感情はどうだったでしょうか?

仮に、「今まではそうだけど、どうやったら出来るかを一緒に考えてみよう」
と言われたら、どんな気持ちになりますか?!
相談した人は、この人ならと心を開きます。
それが保護者ならどうでしょうか?!絶対的な存在の保護者からそんな言葉をかけてもらったら、子供が反発する理由は見つからないですね。

出来ない理由よりどうしたら出来るかを考えることが大切

新しい事を始めるには、勇気もパワーも必要になります。
しかし本気で物事に取り組んでいたら、出来ない理由でなく、どうしたら出来るかを考えるのがはじめの一歩です。
出来ない理由を考えるか、どうしたら出来るかを考えるかで、そのことに対してどれだけ本気かをわかることが出来ると想います。

子どもたちがそこまで考えているわけですから、親として、一緒にどうしたら出来ないことが出来るようになるかを、真剣に本気で考えて欲しいと想います。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

大崎 清美さん
心理カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「学び・興味」のその他の記事

2019年10月11日 小川芳夫さん
ファシリテーター
台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?
台風15号で、首都圏、特に千葉県では大きな被害が出ました。台風や地震など、大きな災害は毎年のように発生しています。台風や豪雨などの災害に備える働き方を考えてみませんか?考える際のヒントを提案させていただきます。
2019年10月2日 里見郁子さん
英会話スクール運営
英語学習方法変更でライティングとスピーキング重視に
2019年3月文部科学省は、英語学習方法の改善を発表しました。これにより英語学習のライティングとスピーキングが重視されることになりましたが、どのような影響があるのでしょうか?
2019年9月7日 石垣 友規人さん
塾長、学習アドバイザー
勉強ができない子に共通する5つの行動パターンとは?
子供が自発的に勉強するためには、どう勉強させるかよりも子供の行動を変えさせることのほうが効果的です。勉強ができる子の行動パターンをマネさせることで勉強に対する前向きな取り組みが期待できます。
2019年8月30日 小川芳夫さん
ファシリテーター
新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?
新入社員の入社3年以内離職率は一貫して3割から4割程度で推移しています。企業にとっては喫緊の課題ですが、ファシリテーションをうまく活用することで、新入社員の離職防止に役立つかもしれません。

テーマ