JIJICO

山下 幸子さん

ファイナンシャルプランナー

日本企業の退職金が激減 老後に向けてどう対応すればよいのか?

2016年11月1日

ご存知ですか?退職金が激減していることを

c336eb963396848d7bdf7396bd4a62c9_mライフプランを山登りに例えますと、住宅資金と教育資金の山を乗り越えて最後にやってくるのが老後資金の山ですが、これを乗り越えるための大きな柱が年金と退職金です。
しかしながら、この退職金に異変が起きています。
厚生労働省「就労条件総合調査」によりますと、定年退職者(大卒)の平均退職金は、山一證券が破綻した1997年の2871万円をピークに年々減少し、2013年にはついに2000万円を割り込み1941万円となりました。
16年間で930万円減少し、10年前の2003年(2499万円)と比べても558万円減っています。

退職金をもらえるのはまだましな方で、支給しない企業が増えています。
退職金制度のない企業が1993年は8%でしたが、制度自体を廃止する企業が続出し2013年は25%と4社に1社となっています。
また、年金についても少子高齢化のもとで制度自体を維持するためには、保険料の増額か受給額の減額か増税かいずれにしても我々国民の負担なしには考えられません。
こんな状況でも、自分の城は自分で守らなければなりません。
どう対応すればよいのか?一緒に考えてみましょう。

最初にリタイア時の必要貯蓄額を試算

対応策を考える時に最初にしなければならないのは、リタイア時の必要貯蓄額の試算です。
老後の費用には、生活費・介護費用・ローン残高・リフォームや子供の結婚費用などがあります。
また、収入は主として年金と退職金であり、費用総額と収入総額との差が必要貯蓄額となります。
もし必要貯蓄額を確保する見通しが立たない場合は、知恵を絞っていろいろと対応策を考えなければなりません。

必要貯蓄額から逆算して今からやるべきこと

必要貯蓄額を確保するためには次のような対応策が考えられます。

1.「働く」
先ず収入を増やすことを考えましょう。
定年退職後の再雇用制度の活用や再就職、得意分野を活かした起業などにより、5~10年働く年数を延ばします。
また、奥さんにも働いてもらうのも一つの方法です。

2.「節約する」
費用の削減にも取り組みましょう。
これから住宅の購入を考えている人は、新築だけでなく中古も検討対象に加えてください。
すでに購入済みの人は、過去最低レベルの金利水準を活用し住宅ローンの借り換えを検討しましょう。
教育費については、最近は進学に力を入れている公立高校も増えてきていますので、私立の中高一貫校にこだわる必要もありません。
奨学金や教育資金贈与制度の活用も考えてください。
また、食費・レジャー費用・通信費・光熱費・保険料など日常の生活費用をすべて見直し、ムダを省くようにしましょう。

3.「殖やす」
お金にも働いてもらいましょう。
マイナス金利で預金の利息は微々たるものになりました。
貯蓄から投資にシフトし、株式や債券などで運用すればもっと殖やせる可能性があります。
その場合は、個人型の確定拠出年金(DC)を活用されてはいかがでしょうか。
個人型DCを一言で説明しますと、「節税メリットの大きい老後資金の積立制度」です。
2017年1月から、企業年金(確定給付年金)のある会社員や公務員・専業主婦が新たに加入できるようになります。
メリットは、積立時・運用時・受給時のそれぞれにおいて税制優遇があることや、投資信託の売買手数料が通常かからないことなどです。
節税メリットに限れば、NISA(少額投資非課税制度)よりお得になっています。

退職金の激減や年金不安など老後資金については何かと暗い話題が多いですが、「働く」・「節約する」・「殖やす」の三本柱で豊かなシニアライフを築いていきましょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

山下 幸子さん
ファイナンシャルプランナー

「お金」のその他の記事

2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。
2017年7月17日 岸本 貴史さん
人事労務コンサルタント、社会保険労務士
テレワーク・デイを7月24日に実施。働き方改革につながるか?
テレワーク・デイは、2020年の東京五輪を契機とした「働き方改革の実現へ向けた国民運動」です。企業はテレワークを活用することで、人材の確保や生産性の向上が期待できますが、実施に向けては事前に問題・課題の検討も必要です。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ