JIJICO

須田 泰司さん

臨床心理士

仕事でEQ(心の知能指数)が求められるのはなぜ? 

2016年11月10日

EQが必要とされるわけ

IQ(知能指数)が高いからと言っても仕事で成功するとは限りません。
むしろEQ(心の知能指数)の高い方が仕事をしていく上では有効であると言われています。
なぜEQ必要なのでしょうか?
考えていきたいと思います。

まず、EQが仕事で必要となってきたのは昔からではありません。
人間が求められる能力が変化する過程で必要となってきたのです。
人間は生まれた瞬間から時間を生きています。
生まれたら、未来を生きていくしかない宿命的なものを背負っています。
しかし、他の動植物のように早くから自立できるように成長のプログラミングがされているわけではありません。
そして人間の場合、何を持って自立とするかはいろいろな意見がありますが、とりあえず「仕事」ができるということに限定したとしても、現代社会では自立するまで20年から30年かかるとされています。

産業構造の変化に伴い必要とされる能力は変化してきた

昔は自立するまでにそこまで時間はかかりませんでした。
産業構造を見ても、第一次産業(農・林・水産業)のころは自然に関する知識・経験・体力は必要でも、全般的な高い知能は要求されませんでしたので子どもも10歳となれば立派な働き手でした。
第二次産業(生産業)のころになると、高度成長のため生産能力をあげるのに社会が知力を必要としだし、教育のレベルが上がり始めました。
技術力・科学力をあげる方に力点が置かれていたこともあって、高い知力が要求されてもいた時代であったと思います。
そして、高い知力を持つ人が技術力・科学力の向上に貢献し、さらに生産能力は上がっていきました。
一方で、高い知力を持たない人は労働力の提供という形で働いていました。
当然、高い知力を持つ人は高い報酬を得、そうでない人の報酬は低いという時代でした。
IQの高さが必要とされた時代はまさにこの頃なのです。

しかし、第三次産業(サービス産業)から第四次産業(消費産業)と移り変わっていくにしたがって、第二次産業で必要とされていた高い知力が必ずしもそれだけでは十分ではなくなってきました。
人間社会の要求に応えなければならない「仕事」の世界では、移り変わった時代に合わさなければならないのも事実です。
サービスなり消費は、個々の欲求・価値観に応えなければなりませんから、他との差別化があって成り立つもので、同じ内容のことをしていては成り立たない厳しさが要求されます。
あらゆる情報が飛び交う社会になっており、当然情報戦にもなり、高い感性・想像力・創造力が要求されることにもなります。
ですから、パターン化された高い知力は必ずしも必要とされなくなり、むしろ邪魔になるケースも増えてきました。
そして、そのような社会では心の柔軟性を持った感性豊かな人材が求められるようになってきました。
そして、それらを兼ね備えていることがEQの高さにつながっているので、現代ではEQが必要とされているのです。

EQを高めていくにはどうすれば良いか?

それではEQを高めていくにはどうすれば良いのでしょうか?
EQを高めていくには学力のみでなく、世界を広く深く知っていくための認識力が必要です。
認識を高めていくためには、いろんな対象と「関係」を取って拡げていく必要があります。
その関係の最初の出会いが母親でありあるいはそれに代わる人で、そこを基地として家・学校・地域・サークル・社会へと関係を拡げ紡いでいくうえで柔軟性を養っていきます。
知識はひとりでも拡げていけますが、関係を拡げて紡ぐことはひとりではできません。
「認識力」と「関係力」の両輪が伸びていくことは精神世界、心の世界を発達させていくことでもあります。
これらを伸ばしていくことでEQは高くなっていくのです。

EQは情動指数といい、「自己認識力」「自己統制力」「動機づけ」「共感能力」「社会的スキル」という5つの能力で構成されています。
精神と心の発達に伴ってそれぞれの力は伸びていくものでしょう。
情動=感情は人と関わることによって豊かになっていくものです。
そのためにまずは自分自身が、情動のもとである自分の身体と感覚機能の五感(触覚・視覚・味覚・聴覚・臭覚)が心地よく働いているのかを、そして働くように関わっているのかを見直し、磨いていくことが重要です。
そして、1人より誰かと関わることによって安心感と共にこれらの感覚は鋭さと柔らかさを増していきます。
感覚機能が十分に働くようになると心身の働きは軽やかになり、安心感が加わって希望が湧いて行動的になってきます。
それが想像力・創造力の基にもなり、情動の発達にもつながっていくと思います。

結局、EQを高めることは仕事で有利に働くだけでなく、人生を有意義に過ごしていく意味においても大切になっていくのです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

須田 泰司さん
臨床心理士

「ビジネス」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ