JIJICO

中村 有作さん

弁護士

定年後再雇用の賃金減額に「合理性」 原告側が逆転敗訴

2016年11月10日

定年後再雇用の賃金減額裁判 原告が逆転敗訴

定年後の再雇用「賃金減額は不合理ではない。」原告が逆転敗訴しました(東京高等裁判所平成28年11月2日)。
これは定年後に再雇用された運送会社の従業員が「正社員と同じ仕事なのに賃金に差があるのは違法だ。」と訴訟提起をし,1審東京地方裁判所は従業員の主張を認め,会社側が敗訴しました。
しかしながら,東京高等裁判所は「2割前後の減額は不合理ではない。」と判断して,従業員側の主張を退けました。

定年後、年金待機期間の労働に対する企業と従業員の認識の違い

平成18年4月から「高年齢者等の雇用の安定に関する法律」が改正され,原則として事業主には労働者を65歳まで雇用の確保をしなければならないとされました。
この背景には,従前は厚生年金は60歳から支給されていましたが,その受給開始年齢が65歳に引き上げられた結果,60歳から65歳までのいわゆる「年金待機期間」の労働者の生活の安定を図るという意図があります。

他方労働契約法第20条には「不合理な条件の禁止」を定めています。
これは正社員と有期労働契約者の労働条件が「期間の定めがある」という理由だけで,正社員との不合理な差別をすることを禁止したものです。
本件裁判において定年退職した従業員は,「正社員と同じ条件で仕事をしているのに,賃金のみ差があるのは,不合理な差別だ。」と主張したのです。

事業主としては「本来なら55歳あるいは60歳で退職であったものを,65歳まで雇用継続を認め,給料も支払っているのに,給料まで正社員と同じとなると財政的に耐えられない。」と考えるでしょうし,従業員としては「65歳まで雇用継続となっているが,正社員と同じ働きをしているのに,給料だけカットされてはたまらない。」と思うでしょう。

一審と二審の判断はなぜ異なったのか?

一審東京地裁と二審東京高裁の判断はなぜ食い違ったのでしょう。
「合理性」の有無についての考え方の違いです。
一審は「財務状況等からして正社員と格差を設ける特段の事情はない。」と判断していますが,二審は「若年層を含む雇用を確保する上で,賃金減額には一定の合理性があるし,下げ幅は2割程度であり,同規模の他社と比較しても低く,直ちに不合理とは認められない。」と判断しました。
従業員は最高裁判所に上告するようですが,最高裁の判決はこれからの高齢者の継続雇用などに相当影響を与えると思われます。

本件のような紛争は年金制度を含む社会保障制度が充実していればなくなると思います。
労働法制は押しなべて社会保障制度の不整備を企業で吸収して欲しいという国の思惑が見え隠れします。
本件については、企業としても継続雇用する際に、従業員と十分な話し合いを行うこと、賃金カットの幅について配慮するなどの工夫が必要だったのではないでしょうか。

このコラムを書いた専門家に質問できます

中村 有作さん
弁護士

「法律」のその他の記事

2017年7月27日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?
県民性や地域性が離婚に影響するというニュースが話題になりました。なぜなのでしょうか?関西の人を例に挙げて解説します。
2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ