JIJICO

松田 昌子さん

カウンセラー

これから冬にかけて心配な乾燥肌 食事から得られる美容!『美肌編』

2016年11月11日

美容と食生活の密接な関係

美容と食生活は密接に結びついていると言われていますが、実際どんな食事を摂れば美容に繋がるのか?と疑問をお持ちの方が多いかと思われます。
本日は栄養療法カウンセラーとして、美容に繋がる具体的な食事の方法を皆様にご案内をさせて頂きます。

まず、美容で一番気にされるところと言えばお肌になってきますよね?
皆様、今までに1度は『私いくつに見える?』と聞かれた経験があるかと思います。
正直、その質問に対して答えるのが面倒だと思いつつも、〇〇歳?と答えないと話が前に進まないので、そこで相手のことをいろいろ分析しますよね。
その時にその方の見た目だけで年齢を判断するとしたら、『お肌のツヤ・張り・しわ・キメ細やかさ』などと言うようにお肌を見ているのではないでしょうか?

私はだいたいお肌で分析させて頂いております。
女性は化粧などで顔は何とかカバーできても、首や手は化粧しないので肌年齢が顕著に出ると言われています。
そういった化粧ではカバーできない所などを含め、お肌全体の美容に良い食事を本日はご提案させて頂きます。

美肌を作る『良質な油』とは?

特にこれから冬にかけては乾燥の季節になってきますので、女性の皆様は加湿器やスチーム器、パックやボディクリームなどでお肌の手入れを念入りになされるかと思います。
しかし、美肌に良い食事をする事でも乾燥肌を和らげることができるのです。
実際に私も極度の乾燥肌でしたが食事によって改善し、今ではボディクリームいらずです。

美肌に良い食事で欠かせないのが『良質な油』を摂るということです。
その前に、お肌の乾燥を和らげるというのはどういうことかというと、身体の中の細胞膜を良質な油で覆ってあげている状態のことを表します。
ですから良質な油を摂ることで肌の乾燥を防ぎ、美肌を保つことが可能になるのです。

油と聞くと皆さん毛嫌いする方も多いかと思いますが、油は三大栄養素の脂質になりますので、とても重要な役割があるのです。
つまり、良質な油を摂らないとお肌がカサカサになるのです・・・

そして、良質な油とは何かというと今流行りのΩ3(オメガ3)の油になります。
例えば、アマニ油・エゴマ油などが有名ですね。
しかし、油には難点があり、『熱と光と酸素』に弱いのですぐに酸化してしまいます・・・
酸化してしまうと効果が無くなるどころか悪影響を及ぼすことにもつながってしまいます。
ですから、良質な油は早めにお使いいただくことをお勧めしております。

このΩ3は油で摂取するのがよく知られていますが、油以外にもΩ3を含んでいる食材が実はあるのです。
その食材とは・・・

『魚』です!!!
魚の油はΩ3と同等の油ですので魚を食べて頂くことにより、細胞膜は良質な油で覆われお肌の乾燥が防げます。
今の現代社会では魚より肉を食べがちですが、肉の油は魚の油と違いΩ6というものになります。
Ω6も身体に必要不可欠なのですが、Ω6は米やスナック菓子・サラダ油・ごま油・ひまわり油などと言うように色々な所から日常的に摂取されています。
Ω3とΩ6は1:4の比率が理想とされておりますが、今の日本人の食生活では1:10の比率になってしまっているのが現状です・・・
Ω6を含んだこれら食材は逆に摂りすぎないように注意する必要があります。
Ω3を含んだ油や魚を摂取して頂くことにより潤いのある美肌が作られるのです。

肌を乾燥させてしまう食材とは?

しかし、良質な油を摂っていてもある食材を摂取すると肌を乾燥させてしまうのです・・・

その食材が『乳製品』です。
乳製品は牛乳・ヨーグルト・チーズなどがあります。
大体皆様一日に一回は食されているのではないでしょうか?
しかし、その乳製品が肌を乾燥させてしまっている可能性が高いのです・・・
なぜ乳製品が肌を乾燥させてしまうのかと言うと、乳製品には脂肪分が多く含まれており、それが肌に水分を補給するときの妨げになり肌の再生を邪魔してしまうからです。

そこで、アトピーやアレルギーのお肌の改善提案として、まず乳製品を止めて頂くことから始めています。
アレルギーのお肌は乾燥してしまう事により痒くなり、肌を掻いてしまってお肌がグジュグジュになってしまいます。
乳製品を止めることによりお肌の乾燥が和らげるので、乳製品をやめただけでもアレルギーのお肌が緩和される方もいらっしゃるぐらいです。

美肌に大事なコラーゲン コラーゲンに必要な鉄分は女性に不足しがち

そして、美肌をつくる上で忘れてならないのはコラーゲンですよね。
コラーゲンが不足するとシミ・シワ・たるみなどの原因にもなるのですが、そのコラーゲンは何で作られているかというと、『ビタミン・タンパク質・鉄分』から作られております。

ビタミンは野菜や果物から摂取できます。
タンパク質は先ほどの話からすると魚で摂取するのが望ましいですよね。
で、肝心な鉄分ですが、今の現代女性の半分以上は隠れ貧血と言われているぐらい鉄分不足の方が多いのです。

女性は毎月生理があるため血液に含まれる鉄分が不足しがちですが、ほとんどの女性は鉄分を補うための食事が十分なされていないのが実情です。
鉄分をしっかりと補わないとコラーゲンが作られないので美肌になりえません・・・
それに鉄分不足は健康面を阻害する可能性も持ち合わせております。
ですから、鉄分を多く含む納豆や大豆、ホウレンソウやレバーなどを意識的に摂るように心がけてください。

いくら高価な化粧水や美容液を使用していても根本的な内側がしっかりと潤っていないと全く意味が無くなってしまいます・・・
是非、この冬は食事を改善して頂いて美肌を作ってくださいね。

このコラムを書いた専門家に質問できます

松田 昌子さん
カウンセラー

「美容・健康」のその他の記事

2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ