JIJICO

鹿島 直之さん

精神科医

医療大麻の有効性について

2016年11月16日

多くの先進国で用いられている医療用大麻

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_m大麻は日本では依存性のある麻薬の一つとして、大麻取締法によって所持や栽培、医療使用までが禁じられています。
しかし、大麻に含まれるカンナビノイドといわれる生理活性物質は、多発性硬化症、てんかん、緑内障などの難病を含む数多くの病気に対して、幅広い薬効を持つことが知られています。

カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スイスなど、先進国の多くでは医療用として大麻が用いられています。
また、アメリカにあっては、連邦法は禁止しているものの、28州とワシントンDCでは医療大麻が住民投票に基づいて合法化されています。
先進国にあっては日本だけが医療大麻の理解に乏しく、その利用については大きく立ち遅れていると言っても過言ではないでしょう。

緩和ケアと医療用麻薬

癌やAIDSといった重大な病気の治療にあっては、病気に伴う痛みや倦怠感といった身体症状に加え、治療に用いる抗がん剤や抗ウィルス剤の副作用が強いために、治療に取り組む患者さんの苦痛は時に耐えがたいものとなります。
特に抗がん剤による吐き気や食欲低下は、時に患者さんの余命までも左右することがあります。
治療に伴う患者さんの苦しみを和らげる処置は緩和ケアと呼ばれますが、癌による死亡者が全死亡原因の3分の1にまで増加する中で、近年その重要性はとみに増していると言えます。

日本における緩和ケアでは、オピオイドといわれる鎮痛、鎮静効果が強い医療用麻薬が痛みの緩和の目的で用いられます。
オピオイドはモルヒネといわれる麻薬が元になって合成されている化合物です。
周知のとおり、モルヒネは大麻よりも依存性が遥かに強い麻薬であり、オピオイドもそれに近い性質を持っています。
ただ、依存が形成されないように、必要最低限の量から適切に用いられることで、癌による激しい痛みを和らげるために有益な薬となっているのです。
さらに、オピオイドは副作用として初期に強い眠気をもたらすことがあり、その効果は個人差があります。

大麻の医療的使用をめぐる裁判が訴えかけたこと

様々な薬効をもつ医療大麻は、痛みや吐き気を和らげ、食欲増進作用が強いことから、海外の多くの国では緩和ケアに重要な薬と考えられるようになっています。
モルヒネより依存性や毒性が少なく、貴重な薬効に富む医療大麻の緩和ケアでの使用を検討することは、日本では癌の患者さんが100万人に迫ると推測される現今にあっては、喫緊の課題ともいえるでしょう。

余命半年を宣告された末期の肝細胞がんの患者さんが治療目的で、自宅で大麻を栽培して使用し、去年の12月に大麻所持のために路上で逮捕された事件がありました。
裁判の供述調書によれば、その患者さんが悩まされていた末期がんに伴う痛み、不眠、抑うつ、食欲低下といった症状が大麻の使用によって劇的に緩和されていたそうです。
その患者さんは、大麻の使用理由について問われると、「生きたいから」とのみ答えておられました。
逮捕によって大麻が使用できなくなり、今年の7月にお亡くなりになりました。
もちろん大麻が使用できていたとしても、余命が伸びていたかどうかはわかりませんが、少なくとも患者さんの末期がんの苦しみは緩和で
きていた可能性はあるでしょう。

医療用大麻の是非について真摯に議論を重ねるべき

すでに大麻の医療使用が認められているドイツですが、平成26年7月に、ケルンの裁判所において、慢性的な痛みを訴える患者さんに対し、治療目的での大麻の自家栽培が認められるべきだとする判断がなされています。
この判断からもわかることですが、我々は耐えがたい苦しみを少しでも和らげたいという患者さんの切実な願いを無視したり、生きるための努力を邪魔すべきではありません。

私事ですが、私の義父は、大腸がんによる吐き気と食欲低下に苦しみぬいて亡くなりました。
今でも残念なことですが、その最後の日々は医療用麻薬のオピオイドの使用に伴う眠気によって、あまり話もできませんでした。
日本では、芸能人の誰が大麻を持っていたとか、そんなことばかりが注目されているように見えます。
我々に求められていることは、様々な病に苦しむ患者さんの側に立った、医療大麻の使用の是非についての真摯な議論であり、癌によって、余命わずかと診断されている人々が、少しでも安らかな日々を送るためにしてあげられることは何か、偏見にとらわれずに考え直すことではないでしょうか。

このコラムを書いた専門家に質問できます

鹿島 直之さん
精神科医

無料で相談してみる

「医療」のその他の記事

2017年7月27日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?
県民性や地域性が離婚に影響するというニュースが話題になりました。なぜなのでしょうか?関西の人を例に挙げて解説します。
2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ