JIJICO

荒井 信彦さん

快眠探求家

睡眠時間6時間未満の人の割合が過去最高に 

2016年11月24日

睡眠時間6時間未満の人の割合が過去最高に

7a269b807d70df6183174f3313868002_m厚生労働省が公表した15年「国民健康・栄養調査」で1日の平均睡眠時間が6時間未満の人の割合が約4割(39.5%)に達したことが分かりました。
これは2003年の調査開始以降最多(2007年は28.4%)ということです。
そしてその半数の人が「日中に眠気」を感じると回答したそうです。

睡眠は「体内時計」と「睡眠欲」によって起こります。
朝、光を浴びることで覚醒ホルモン「セラトニン」が分泌し、その約17時間後に眠気を起こすホルモン「メラトニン」合成され分泌されてヒトは睡眠モードに入っていくのがメカニズムです。
それがヒトという動物に必要な生理サイクルと考えると「一日24時間マイナス活動時間 17時間=7時間が睡眠にあてる時間ということになります。
眠気が起き始めてすぐに眠る人はまずいないでしょうから、6時間程度が通常の生活では必要な平均睡眠時間と考えられますので、6時間を切ったということは1時間適度が活動超過時間となっているのでしょう。

睡眠には量と質の両方が必要

睡眠は「量(必要睡眠時間)」と「質(深い眠り)」の両方が必要です。
「量」は肉体疲労の回復や睡眠欲の満足感に必要で、「質」は記憶の定着や壊れた細胞の修復、免疫力の向上に必要です。
2つ揃って「蘇生できる」ということになります。
朝、目覚めて身体の疲労が回復できていなかったり、寝足りない感があったりすると集中力もやる気も起きなくなります。
特に日中に頻繁に眠気を感じると日常生活全般に支障を来す場合もあります。

睡眠時間が減少してきている結果を見ると、睡眠の「量」が確保しにくい社会情勢になっていることは明白ですので、どこまで気持ちよく深い眠りに落ちて「質」でカバーできるのかは微妙なところです。
今の我々は仕事のタイムスケジュールや段取りは上手でも、自分の生活サイクルのタイムマネージメントは下手クソになってきているのかもしれません。
言い換えれば、やりたいことが増えすぎて、睡眠時間を削っている状態なのかもしれません。

睡眠時間の確保のため毎日やっていることを1時間だけ止めてみる

調査では、睡眠時間確保に必要な事として、男性は20~50代が「就労時間の短縮」、女性は20代が「就寝前に携帯電話、メール、ゲームに熱中しない」、30代が「育児のサポート」、40代が「家事のサポート」、男女とも60代以上は「健康状態の改善」を最も多く挙げたとのことです。
例えば40台女性が上げている「家事」は家電の技術進歩で昔と比べ間違いなく格段に楽になっているはずですが、それでも埋まらないくらい何かに時間が取られているということでしょう。

睡眠の「量」を改善するためにはいわゆる”寝る前にこれをやると快眠に繋がる”というようなことを行っても効果に繋がりません。
睡眠時間の確保は一日の仕事やプライベートの時間のなかで「何をやらないようにするか」を最優先に考え実行すべきです。
やらないことをしっかり決めて自分の生活サイクルをタイムマネージメントすることが最も必要なことです。
仕事でもプライベートでも、毎日やっていることを1時間だけ止める・・・睡眠の量の改善はその辺からがスタートです。

調査結果では、1日の平均睡眠時間は6~7時間の人が34.1%、5時間未満=8.4%、5~6時間=31.1%、7~8時間=18.5%、8~9時間=5.9%、9時間以上=2.1%となったようで、7時間未満とすると<73.6%>と圧倒的多数だったということです。
特に50代女性は52.8%が6時間未満と回答していて、高齢者の女性の睡眠の事情が激変しています。
睡眠の確保には「何か一つ、やりたいことを諦める」ことが年代問わず必要なのかもしれません。

このコラムを書いた専門家に質問できます

荒井 信彦さん
快眠探求家

「くらし」のその他の記事

2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ