JIJICO

田沢 剛さん

弁護士

新成人マルチ商法の標的 18歳引き下げで被害拡大?

2016年11月27日

選挙年齢に合わせ成年年齢も18歳に引き下げることを議論

我が国の現在の民法は,年齢20歳をもって成年とする旨を定め(4条),未成年者の法律行為については,基本的に親権者等の法定代理人の同意を得なければならず,同意を得ないでした法律行為は取り消すことができる(いわゆる「未成年者取消権」)ものと定めています(5条1項,2項)。
平成27年6月の公職選挙法改正により,選挙年齢が18歳に引き下げられたことに伴い,民法の成年年齢もこれに合わせて引き下げる方向での議論が進んでいるようです。

成年年齢18歳に引き下げでマルチ商法の被害が拡大する?

民法の成年年齢を18歳に引き下げ,これによって18歳や19歳の若年者が上記の未成年者取消権を喪失することになった場合,これらの者が悪徳業者のターゲットとされて不当に高額な契約をさせられたり,マルチ商法等の被害が高校内で広まる恐れがあるといった指摘が出ています。
国民生活センターに寄せられる相談件数を調べてみると,「20歳~22歳」の1歳あたりの平均相談件数が,「18~19歳」のそれの1.37~1.89倍となっており,特にマルチ商法の相談件数は約12.3倍となっていることなど,20歳を境にして明らかに相談件数が増加していることがその論拠となっているようですが,こうしたことから,民法の成年年齢引下げに対する慎重論もまだまだ根強いといえます。

経験値の乏しい新成人が被害に遭わないための対策が必要

そうはいっても,成年年齢を引き下げようが引き下げまいが,経験値の乏しい新成人がマルチ商法等による被害に遭わないようにするための対策が必要であることに変わりありません。
この点については,今のところ即効性のある対策を打ち出せていない状況です。
悪質商法は,次々と手口を変え,インターネットやSNSを駆使するなど巧妙化していきますので,もともとインターネットやSNSに馴れ親しんでいる若者において被害に遭いやすい土壌があるともいえます。

法制審議会が採択した「民法の成年年齢引下げについての最終報告書」では,契約の成立や取消等に関する法教育の充実,クーリングオフ制度等消費者保護教育の充実など,いわゆる「消費者関係教育の充実」が掲げられております。
確かに,このような法教育はまだまだ国民一般に広く浸透しているとは言い難い状況ではありますが,新成人が被害に遭わないようにするためには,やはり成人に達する前からの教育が必要でしょうから,学校教育の中に法教育を積極的に採り入れていくなど,地道な努力をしていくほかないのではないでしょうか。

このコラムを書いた専門家に質問できます

田沢 剛さん
弁護士

無料で相談してみる

「法律」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ