JIJICO

金子 清隆さん

ITコンサルタント セキュリティコンサルタント

マイナンバーカードによる本人認証とスマートフォンとの連携

2016年11月28日

マイナンバーカード利活用の拡大に向けたスマートフォンとの連携

1bdc02948197c0352782ba338c1c27e1_mマイナンバー制度は行政機関の業務効率化を大きな目的としていますが、一方で政府はマイナンバー制度で構築した個人認証基盤を民間にも解放して新ビジネスの創出を促進させようとしています。

その施策の一つとして注目されるのが、マイナンバー情報を格納したマイナンバーカードとスマートフォンとの連携です。
総務省の平成27年通信利用動向調査ではスマートフォンは全世帯の7割以上で保有されており、機能や性能も年々向上しています。

また、行政やビジネスで提供されるサービスの悪用等を防ぐため、利用者の本人確認を行う機会が増加しています。
こうした状況を背景に、マイナンバーに基づく公的個人認証基盤をスマートフォンで連携して多様な活用を図ることが検討されています。

マイナンバーカードとスマートフォンとの連携は2通り

マイナンバーカードの利活用については総務省の「個人番号カード・公的個人認証サービス等の利活用推進の在り方に関する懇談会」で検討されています。その中でスマートフォンとの連携も議論されています。
マイナンバーカードとスマートフォンとの連携は2通りあります。

第1の連携方法は、スマートフォンでマイナンバーカードを読み取り、公的個人認証基盤にアクセスして利用者認証を実施する方法です。一般にマイナンバーカードのようなICカードを読み取るには専用のカードリーダーを必要となりますが、その代わりに多数の国民が所有するスマートフォンを利用して本人確認を行うことで各種サービスを利用することが可能となります。
例えば、役所に行かなくてもマイナンバーカードをスマートフォンにかざして本人確認を行い、保育所入所や児童手当などの申請手続きを行えるよう、全国の自治体で準備が進められています。また、インターネットバンキングへのログインでパスワード等を入力する代わりにスマートフォンにマイナンバーカードをかざして本人認証を行い、口座残高照会等を行えるよう、群馬銀行で実証実験の検討が行われています。

第2の連携方法は、スマートフォンへの利用者証明機能の搭載です。マイナンバーカードに格納されている個人電子証明書等をスマートフォンにダウンロードして格納することで、マイナンバーカードが手元になくても公的個人認証基盤を利用して本人確認を行うことが可能となります。
こちらではイベント会場等で利用者証明機能を格納したスマートフォンをかざして入場資格の確認を行う実証実験の実施が計画されています。このことが実現すれば、転売等を目的としたチケット購入の防止が可能となるでしょう。

実現に向けた課題

以上のことを実現するには、乗り越えるべき課題もあります。
一つは、セキュリティです。
マイナンバーカード情報の読み取り、格納を行うスマートフォン自体のセキュリティを確保するための方策については様々な検討が行われています。
また、マイナンバーカードやスマートフォンを所有者以外の者が成りすまして悪用することを防止するための施策も必要とされるでしょう。

二つ目の課題はマイナンバーカードの普及状況です。
当初はシステム不具合等からマイナンバーカードの交付が遅れた問題がありましたが、現在はほぼ解消されています。
しかし、マイナンバーカードの申請は2016年11月時点で1200万件弱であり、全国民の1割程度しかありません。
これではせっかく利用環境を構築しても使われない仕組みとなる恐れがあります。
そうならないためにも、マイナンバーカードとスマートフォンとの組合せで利便性と安全性を兼ね備えたサービスを実現が期待されます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ