JIJICO

浪越 あゆみさん

日本アンガーマネジメント協会 アンガーマネジメントファシリテーターTM キッズアンガーマネジメントインストラクター

怒りやイライラの感情はそのメカニズムを知る事でコントロールできる!?

2016年12月1日

怒りに対して間違った対処をすると後悔や自己嫌悪などにつながる

怒った後で後悔したことはありませんか?
逆に怒らなかった事で、後で後悔した事はありませんか?
怒った後で脱力感に襲われたことはありませんか?
最近怒り過ぎている自分が嫌になる時はありませんか?

これらは、怒りについて間違った対処法をしているからです。
最近、自分のイライラを何処にぶつけていいのか分からず、自分より弱い立場の人へ怒りをぶつけた結果、いじめや傷害など様々なトラブルに発展したという話を耳にする事が増えてきたように感じます。

今日は、アンガーマネジメントの観点からこの怒りについて考えていきたいと思います。
アンガーマネジメントとは、簡単に言うと、自分の怒りやイライラと上手に付き合えるようになること。
つまり、本当に怒る必要のある事にだけ怒るようになり、怒る必要のないものには最初から怒らないようになるようコントロールすることを言います。

怒りの感情というのは突然出てくるわけではない

まず初めに、怒りが一体どこから生まれてくるのかを考えていきます。
怒りやイライラは、突発的に出てくると思いますか?
いえ、怒りは突然出てくるものではありません。

まずは、1個のコップを思い浮かべてください。
このコップは私たちの心の中にあり、コップの中にはマイナスの感情がたまっていると想像してください。
マイナスの感情とは、私達の生活の中で感じる「悲しさ・虚しさ・辛さ・寂しさ」などを指し、これらの感情のことを第一次感情と言います。
つまり、コップの中にマイナスの感情がたまるというのは、この第一次感情が溜まっていくという訳です。
このコップの中身が溜まっていく過程では、怒りとして表に出る事はありません。
問題なのは、このコップの第一次感情がいっぱいになり、溢れ出た時です。
溢れ出る時には、一気に第一感情が外に噴火するイメージです。
噴火した時に、怒りとして表に出るという訳です。

怒りに達するコップの大きさは人によって異なる

そして、このコップの大きさは人によって様々です。
小さいコップを持っている人は、直ぐに第一次感情がいっぱいになり溢れ、怒りが頻繁に噴火します。(小規模噴火)
つまり、小さいコップを持っている方は頻繁にイライラしたり怒りやすい人です。

反対に大きいコップを持っている人は、第一次感情を沢山溜める事が出来るので、普段はイライラしたり怒る事がほとんどありません。
しかし、コップの中には確実に第一次感情が少しずつ溜まり、ある日いっぱいになった時、今まで溜めていた第一次感情が一気に大噴火し、大きな怒りとして表に出るという訳です。
普段ほとんど怒ったことがなく温和と思われていた人が怒りの感情を表す時、半端でない怒り方をするというのはこのメカニズムなのです。

第一次感情が常にコップに沢山溜まっていると、ちょっとした出来事で大きな怒りを表に出してしまい、自分の身近な存在の人にあたってしまったり、後で後悔してしまったり、たった1度の怒りで人間関係が壊れてしまったりするのです。

怒りのメカニズムを知り、怒りの感情をコントロールすることが可能に

このような事にならない為には、心のコップの第一次感情が溜まり始めたと自分自身で自覚したり、パートナーや子供の様子を見て、心のコップの量に気付いてあげることが大切です。
もし、コップから溢れそうだと実感した際は、第一次感情の整理が求められます。
自分の中に溜まっている第一次感情は何か。
子供のコップに溜まっている第一次感情は何か?
なぜ、この人はこんなにもイライラしているのだろうか?
この人のコップの中はどんな第一次感情が溜まっているのか見てあげる事もできます。

心のコップの量を自分でコントロールし、第一次感情の整理が出来るようになると、社会から怒りの連鎖を断ち切る事も出来るようになりますし、無駄な怒りによるストレスから解放されます。

自分の心のコップの大きさと、第一次感情の溜まり具合を自分で意識する事で、無駄な怒りを抑える事が出来ます。
最近、怒りについて悩みを抱えている方は、まずは、自分の怒りの元となるものを探してみませんか?
そして、周りの大切な人のコップの中にも目を向けてみませんか?
怒りのメカニズムを知る事で、周りの人の怒りもコントロールしてあげることが出来ます。
無駄な怒りによるストレスから解放されましょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

浪越 あゆみさん
日本アンガーマネジメント協会 アンガーマネジメントファシリテーターTM キッズアンガーマネジメントインストラクター

「くらし」のその他の記事

2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ