JIJICO

斉藤 典子さん

ビジュアルブランディングプロデューサー

魅力的な人間になるにはどうすれば良いか?

2016年12月2日

大統領選にみる魅力的な人とは 

 
多くのメディアの予想と反した結果になった今回のアメリカ大統領選挙。
両者ともにメディア戦略に演説と、様々な場面でスーツの色やパフォーマンスを工夫し、積極的に印象戦略を取り入れられていました。

最終的に選ばれたのはトランプ氏ですが、ここでは、その政策について論じるつもりはありません。
そうではなく、候補者であったトランプ氏が、いかに自分が魅力を兼ね備えている人物かを徹底的にアピールし、それが敵も多く作りはしたものの一方で熱狂的な支持者を集め、大統領にまで登りつめました。
その結果をふまえ、魅力的な人物というのはどういう人を指すのか、そして魅力的に映る人間になるにはどうすれば良いのかを考えてみたいと思います。

これは完全に私の好みが入りますが、トランプ氏は外見的に魅力的とは思えません。
でもなぜ多くの隠れトランプ支持層と言われる人を集めたのか、そして結果的に予想を反した結果をもたらしたのか?
それは、多くの国民の望むもの、それをトランプ氏には解決できると思わせた結果であったのではないでしょうか。
それこそ正に、トランプ氏なら実行できると感じさせる魅力が国民に伝わった結果なのでしょう。
魅力的に見えるということはどういうことなのか、説明していきます。

魅力的に見えるということ

魅力的に見えるということは、いい印象を与えるということと同義語ですが、そのいい印象の方程式として普段から私がお伝えしているポイントとして
『いい印象』=『ご本人の見た目の印象』+『社会的環境での役割』『仕事としての役割』『業務・職歴によって問題を解決できる人物像』というものがあります。
これは、ただ「見た目」を整えていれば印象がいいと言われるようになるわけではなく
本人の発している言動や行動、立場にあわせて見た目が整ったときに、「いい印象」として伝わっていくものであるということです。

印象は一人歩きをしていきます。
人は見たものから自分なりの解釈で理解し、想像したりします。
だからこそ、正確に伝えるために、どう伝えるかが大切になってくるのです。
その技術としてパフォーマンス力、演出力が必須な場面は日常の中でもあるかと思います。
意図していることを伝えるための手段として、いい印象を与えることは大切なことなのです。

魅力的に映るために大切な見た目と言動

魅力的にみえるためには、その人の発している言動と視覚的要素が一致したときに初めて効果を発揮します。
見た目が整っていて、パフォーマンスが上手ければその人物が魅力的に見える、ということではないように思います。

有名なメラビアン博士の第一印象の統計に視覚55%、聴覚38%、話しの内容7% という第一印象の法則があります。
これからも第一印象が視覚から入る情報に大きな影響を受けるということがわかります。
表情は怒っているのに「大丈夫!」と言われたような時、人はその事実を言葉の大丈夫ではなく「怒っている」という事実として受け止める、というように話しの内容と視覚情報がずれているときに視覚情報が大いに優先される傾向があるということなのです。

魅力的な人というのは得てして発している言動にウソがありません。
また、その人が心から感じているものは、見た目という部分からも伝わり現れてきます。
これらは日々の小さな習慣からも自然とにじみ出てくるように思います。
逆に、魅力的な人間になるには、普段からこのようなことを意識しながら行動することが重要だということですね。

見た目の印象は
・姿勢(体、心、行動(動き&言葉))
・表情
・装い方
この3つのポイントから作られていきます。

トランプ氏は紺のスーツに赤のネクタイ姿がトレードマークでしたが、もしも、彼がグレーのスーツに水色のネクタイだったら。
彼の言動の想いや熱さは、どのくらい伝わったのでしょうか。
演説の時の身振り手振りがソフトだったら。
彼の印象は大きく異なっていたかもしれませんね。

「きれいな人」と「魅力的な人」に違いはある?

きれいな人と言う時には、外見的要素がそれ以外の要素に優先して大きく影響しています。
しかし、魅力的な人というのは、年齢や性別、職業等をこえてその人自身の生きる姿勢や言動、そしてそれに伴う見た目(視覚情報)から伝わるもの、それが大きな判断基準になるところではないでしょうか。

どちらと言われたいか。
どんな人になりたいか。
それによっても自分磨きをするポイントは違ってきそうですね。

このコラムを書いた専門家に質問できます

斉藤 典子さん
ビジュアルブランディングプロデューサー

無料で相談してみる

「ビジネス」のその他の記事

2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ