JIJICO

愛甲 太樹さん

フィットネストレーナー

いくつになっても健康で!高齢者でも元気なからだ作り

2016年12月10日

高齢者の運動はリスクが高い?

近年、スポーツをしたり、フィットネスに通ったりすることが生活の一部になっている高齢者の方が増えています。
高齢者が運動をすることは、メタボ予防、筋力の低下を遅らせる、骨粗鬆症などの障害予防に効果的です。
しかし、高齢者の運動時における事故率は高いというが現状にあり、「健康のために始めたのにかえって障害を抱えてしまった」という事例は多々あります。

日常生活で身体を動かすことも運動になる

運動=体を動かす。
シンプルですね。日常生活で身体を動かることも運動です。
最近では、日常生活で身体を動かすこととスポーツなどを合わせて、身体活動と呼ばれています。
便利な世の中で生活していると、運動の機会が減少し運動不足を引き起こします。
元気な体を維持するためにも積極的に運動することは大切です。

高齢者に適した運動 とは?

高齢者に適した運動の強度は「きつい」~「楽である」と感じる間の、『少しきつい』 と思うくらいが理想です。
楽すぎると負荷が少なく筋肉への刺激が足りません。
きつ過ぎる運動は精神的、身体的に負担が大きすぎます。
疲労が残らない程度に運動を取り入れ、また、運動を行う際にはしっかりご自分の体調を見極め、無理はしないようにしましょう。

誰でも手軽にできる筋トレのポイント

これからご案内する筋トレは年齢とともに衰えやすいポイントに絞って誰でも手軽に行える筋トレです。
高齢者でなくても効果は期待できます。
筋トレする部位は3箇所、腹筋、背筋、下半身。
それぞれの筋トレ方法を紹介します。

腹筋(レッグレイズ)
① 椅子に座る
② 両足を浮かせ太ももとお腹が近づかせる
③ 両足をおろす
④ これを10回程度繰り返す
⑤ 休憩をはさみ、何回か行う

背筋(ラットプルダウン)
タオルを一枚準備してください
① タオルの両端を持ち、頭の上で構える
② そのまま頭の後ろを通るようにおろしていく
③ きた道を帰るように元の位置にもどしていく
④ これを10回程度くりかえす
⑤ 休憩をはさみ、何回か行う

下半身(スクワット)
① 肩幅くらいに足を開き立つ
② ゆっくりと腰を下ろしていく(小さい椅子に腰かけるイメージ)
③ その状態で3~5秒保つ
④ ゆっくり元の体勢に戻す
⑤ これを10回程度繰り返す
⑥ 休憩をはさみ、何回か行う

*回数は目安です。自分の体と相談しながらできる範囲で安全に行ってください。

楽しいアフターライフのために

健康に長生きするための運動は、自分にあった形で無理せず継続することが大切です。
最初に述べた通り日常生活の中に運動は取り入れることができます。
国(厚生労働省)が紹介している「+10(プラステン)」いまより10分からだを動かすということに意識を向けてみてください。
誰でも、いつからでも健康になれます。
からだに自由が利かなくなる前にぜひ実行してみましょう!

このコラムを書いた専門家に質問できます

愛甲 太樹さん
フィットネストレーナー

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ