JIJICO

神野 沙樹さん

社会保険労務士

再び注目 職場での「飲みニケーション」 その効果とは?

2016年12月13日

職場において「人」を取り巻くトラブルが増加傾向に

66fba99ce353d24fc6f6c7532f6cb1d2_m各都道府県労働局や労働基準監督署等に寄せられる総合労働相談件数ですが、いじめ・嫌がらせや不当解雇など、「人」を取り巻く相談が寄せられており、その数は8年連続で年間100万件を超えています。(厚生労働省「平成27年度個別労働紛争解決制度の施行状況」)
相談件数増加の原因は様々ですが、職場におけるトラブルを解決するその方法は?と訊ねられたとき、みなさんはどのように考えられるでしょうか。
社内意識を変える啓蒙活動や社内研修、ルール作りをすることも大きなポイントです。
しかし、それだけで解決するほど制度は万能ではありません。

その根底にある大切な要素を忘れてはなりません。
それが「良好な人間関係を築く」ということ。
言われてみれば「なんだそんなこと」と感じられるかもしれませんが、目に見えないこの「人間関係」が意外と大きな影響を及ぼします。
それでは、良好な人間関係を築くためにはどうすればよいでしょうか。
実は最近、この人間関係づくりに役立ちそうな「飲みニケーション」が復活の兆しを見せているのです。

昔は多かった飲みニケーション 今はどうか?

飲みニケーションとは、「飲む」と「コミュニケーション」の造語。
仕事とは離れた場所・空間で、共にお酒を飲むことによりコミュニケーションを図るというもの。
「昔は、よく飲みに行っていたけどね、今は少ないなぁ」そう語る諸先輩方はたくさんいらっしゃいます。
先輩が「飲みに行くぞ」と言えばそれに従う。
そんな価値観が主流だった一昔前。

しかし、徐々に「職場」と「プライベート」の区別をはっきりさせたいという考えが出てきて、先輩から誘われても「私、用事があるので」と断ることが増えてきたと聞きます。
果たして、「飲んでいる席」でのコミュニケーションは有効なのでしょうか。

飲み会でしか知り得ない同僚の情報が貴重になることも

営業部にいるAさん(男性・35歳)。
普段からよく単純なミスをするのですが、今日はいつもに増して集中力がありません。
携帯電話を眺めてフーッとため息をついたり……。
さて、もしあなたにこんな後輩がいたらどのように感じますか?
「もっと集中して仕事しろ」と思う方もいらっしゃるでしょうね。
なぜAさんが集中力を切らして携帯電話を眺めていたのか。
実は先ほど、出産予定日が近づいていた奥さんから「陣痛が始まった」とメールが来たのです。
もしその事情を知っていたとしたら、上司は「病院に行っていいよ」と言うかもしれません。
しかし、社内で誰も知らなかったとしたら……。
「仕事に集中していないAさん」として認識されるかもしれませんね。

このように、普段職場において顔を合わせていても、意外と知らないことがたくさんあります。
家族構成は?誕生日は?学生時代のクラブ活動は?何に興味があるの?等々…。
そんないわば「仕事に関係の無いたわいもない話」を、急に職場で話し始めるのは少し勇気がいります。
そのきっかけを上手に生むのが、「飲み会」や「食事会」の時間ではないでしょうか。

飲みニケーションを成功させるために注意したいたった1つのこと

飲みニケーションをうまく機能させるコツがあります。
それは「気負わない」こと。
時間、頻度、参加の意思、スタイル…「こうあるべき」ということに捉われず、「楽しい場を作ろう」と考えることが一番です。
例えばスタイル。
1次会では食事をして2次会ではスナックに行って…という定番コースがあるかもしれませんが、それは「ある特定の人」が楽しいコースかもしれません。
しかし、人によっては、1次会は参加したいが家庭の事情等で2次会には参加したくない人もいます。そのような時に無理強いをしてはいけません。
その時の雰囲気で2次会に全員で行くのか、希望者で行くのかなど変えればよいのです。

また、開催時間も工夫出来ます。
例えば、夜の飲み会ばかりではなく、たまにはランチ会にしてみると、主婦のパートタイマーの方も参加しやすい会になりますよね。
これぞ「食べニケーション」です。
人は勝手なものです。
「楽しい場」にはつい行きたくなってしまうのです。
そんな「楽しい場」「行きたくなる場」を気負わず作ってみることで、参加するメンバーも気軽に参加することができます。

時代と共に形を変えながら存続する飲みニケーション

飲みニケーションは何のために実施するの?と言えば、「仲良くなりたい」「楽しみたい(幸せになりたい)」という人間本来の欲求を満たすため、そして社内の結(ゆい)を育むためではないでしょうか。
「プライベート優先だと言って飲み会が全く開催されない」のも「毎日のように遅い時間まで引きずり回される(す)」のも、どちらも偏りすぎているなと感じます。
時代と共に形を変えながら、人の心にフィットする頻度・時間・内容を考えてみてはいかがでしょうか。

ベテラン社員から声をかけることもあれば、入社2~3年目の社員数名が協力して声を上げるのもいいかもしれませんね。
最近頻度が多いなと感じれば、自然と回数は減るでしょうし、最近開催されていないなと感じれば、自然と声が上がるはずです。
なぜなら、「仲良くなりたい」「楽しみたい(幸せになりたい)」と言う気持ちは人間本来の欲求なのですから。
その心の声に素直に行動すればよいのです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

神野 沙樹さん
社会保険労務士

無料で相談してみる

「ビジネス」のその他の記事

2017年7月27日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?
県民性や地域性が離婚に影響するというニュースが話題になりました。なぜなのでしょうか?関西の人を例に挙げて解説します。
2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ