JIJICO

高橋 和子さん

整理収納・片づけプロモーター

年末の大掃除 今年は掃除だけではなく整理整頓もしてみませんか?

2016年12月17日

今年は大掃除と一緒に整理整頓にもチャレンジ!

4a11b745ae379556be96490341e7020e_m12月に入り、今年もあとわずか。
年末にかけて、大掃除をしようと意気込んでいる人も多いはず。
せっかく大掃除をするのだから、ついでに整理整頓をして部屋をすっきりさせたいものです。
大掃除とかねて整理整頓する大掃除片づけ術を紹介します。

すっきりリビング大掃除片づけのポイント

リビングは、天井や照明器具を掃除するとパッと部屋が明るくなるので、大掃除したいポイントです。
でも、照明器具を掃除する時に、テーブルの上やソファの上に、物がゴチャゴチャ置いてあったり、床に新聞紙や雑誌が置きっぱなしにしてあると、上から落ちてきたホコリやゴミで、汚れてしまい、二度手間の掃除が必要になります。
そんな二度手間を省くために、大掃除前に、テーブルや床の上の物を片づけます。

家族が多くなるほどリビングは、家族の私物置場と化していることも。
家族に「片づけて」と言っているうちに、気付いたら来年になっていたという心配があるのなら、個人別の収納BOXを作って、取りあえず入れておけば、勝手に捨てることなく片づけできます。
テーブルの上に置きっぱなしの書類やDM、子ども関係のプリント類は、書類BOXで、ざっくり収納BOXと重要BOXを作り、片づけしながら分類すれば、重要書類や提出書類を紛失することがありません。

テーブルの上が片づいていると部屋はスッキリ見えます。
そして、床にダンボール箱や紙袋に入った物が直置きされていませんか?
大掃除時期は、中身を確認して整理するチャンスです。
リビングの物が片づいていれば、大掃除は格段にしやすくなります。

福を呼ぶ玄関大掃除片づけポイント

新年を迎えるにあたって、福を呼び込むためにも玄関掃除は必須。
玄関大掃除は、下駄箱の靴を全部出して、下駄箱の棚を掃除します。
ついでに靴の整理整頓をするチャンスです。
全然履かない靴やひどく傷んでいる靴をピックアップして捨てましょう。

片づけポイントは、冬場で履くことのない夏の靴。
出番がなくて気が離れているサンダルやミュールは、今捨てやすいアイテムです。
それに、靴磨きセットも汚れている物や不要な物は捨てて、カゴで収納しましょう。
玄関のたたきに、たくさんの靴が出ているのはNG。
たたきには、今日履いた靴と普段履きの1足を置くようにして、あとの靴は全部下駄箱に収められるように靴の整理をします。
また、傘や靴べらなどの小物も置き場所を確保。

玄関は、その家の第一印象を決める場所です。
整頓した後には、グリーンやインテリア小物で、新年を迎える設えをしてみましょう。
好印象まちがいなしです。

大掃除は段取り8割と言われるくらいに、前準備が大切です。
実は、その前準備に「片づけ」が占める割合が多いのです。
大掃除しながら整理整頓できたら一石二鳥です。
共働きや忙しい家庭にピッタリの大掃除片づけ術で、爽やかな新年を迎えてください。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

高橋 和子さん
整理収納・片づけプロモーター

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?
2019年3月6日 池内宏征さん
司法書士
認知症になる前にできることの基礎知識
元気な間に自分が具体的な権限を託す家族信託契約をすることによって、意思判断能力が低下した後も、託された方が本人の代わりに合法的に財産管理をすることが可能になります。今回は、家族信託について解説します。
2019年3月4日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
繰り返されるバイトテロ。なぜ過去の教訓は生かされないのか。
相次いで起こる「バイトテロ」という名の炎上。なぜ過去の教訓が生かされないのでしょうか?また、どうすれば防止できるのでしょうか?
2018年12月7日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
有名企業を装い偽サイトへ誘導、横行するフィッシング詐欺に注意!
偽サイトにユーザーを誘導し、情報を抜き取るフィッシング詐欺が未だに横行しています。最近では手口も巧妙になっていますので、一層の注意が必要です。

テーマ