JIJICO

田村 兼人さん

獣医師

ネコ殺処分ゼロへ 神戸市の取組みから殺処分ゼロへの解決法を考える

2016年12月23日

猫カフェが広がる一方で野良猫は過酷な日々を過ごしている現状

2015年1月1日現在で全国246店舗という「猫カフェ」。
この猫カフェとは、ネコが放し飼いにされた空間で、癒されることを主な目的とした飲食店です。
メディアなどで取り上げられたことで、2007年以降爆発的に全国に広がりました。
このような現象からも、ネコの存在は、現代の私たち人間にとって癒しの代表的な存在になっています。

一方で、野良猫と呼ばれる野外で生活するネコたちは、これまで不遇の日々を過ごし、地域においては、時として社会問題として取り上げられることも少なくありません。
今回は、野外で生活するネコに焦点を当てて現状を解説していきたいと思います。

殺処分されるネコの現状

環境省の報告では、平成27年度全国の行政でのネコ引き取り総数は、90,075頭で、そのうち74%にあたる67,091頭が殺処分されています。
行政に引き取られた猫の16%(14,061頭)は飼育者の持ち込みによるもので、84%(76,014頭)が、所有者不明(いわゆる野良猫)です。
これら数字の内訳で特記すべきは、まだ離乳を終えていない幼齢猫の割合にあります。
飼育者の持ち込み頭数の約46%(6,415頭)、野良猫の76%(58,012頭)、殺処分頭数の74%(44,068頭)が幼齢猫となります。

殺処分を減らすための行政の取り組み

このような社会背景の中、兵庫県神戸市議会で12月5日野良猫の繁殖を抑制し、殺処分の減少を目指す条例案「神戸市人と猫との共生に関する条例案」が可決されました。
神戸市では野良猫の糞尿による悪臭が問題となっている地域があり、昨年度、673匹の野良猫が殺処分されています。

条例案は野良猫の繁殖を抑制し、殺処分の減少を目指すもので、獣医師などの専門家や市民らでつくる協議会が指定した地域での不妊・去勢手術の費用を市が全額負担します。条例は来年4月から施行される予定です。
その他の地域においても、県、市町村、各獣医師会などで猫の避妊・去勢手術に対し助成金を出しているところが増えてきています。

ボランティアが中心の「地域猫」活動

地域においては、ボランティアが中心となり「地域猫」活動が広まってきています。
「地域猫」とは地域の理解と協力を得て、地域の合意と認知が得られている飼い主のいない猫をいいます。
野良猫の避妊・去勢手術を徹底し、餌の管理・フンの清掃・地域周辺の美化など地域のルールに基づいて、適切に飼育管理された猫をいい、野良猫の数を今以上増やさないで一代限りの生を全うさせます。
つまり周辺住民の認知が得られた猫で、排除されるのではなく地域で共生する猫を言います。(しっぽの会より引用)

この地域猫活動の中で核となるのが、TNRです。
TNRとは、Trap(捕獲)、Neuter(去勢)、Return(元の場所に戻す)の頭文字をとったもので、捕獲した猫を避妊・去勢し、元いた場所に戻すことです。
これにより、地域に戻った猫は、一代限りで生を全うすることができます。
手術の際、耳の先端をV字カットすることで地域での手術有無の判別にも役立ちます。

社会全体で不幸な命を減らしていくことが重要

本稿冒頭で示した通り、自治体で収容・殺処分される猫の70%以上がまだ離乳にも至らない幼猫であるという現状から、繁殖抑制が殺処分減少に大きな効果を示すことは言うまでもありません。
行政・地域・獣医師が一体となり、生まれてくる不幸な命に対する対策を講じていく必要があると考えます。

本来、新しく生まれてくる命に対し皆が祝福し、それを守っていく社会が理想である中で、ネコに対しては逆行している現状を私たちそれぞれが考えていく必要があるのではないでしょうか?
人とネコ、それぞれが共存できる社会の実現、そして命の尊さを見つめなおすことが、不幸な命の減少につながると信じています。

このコラムを書いた専門家に質問できます

田村 兼人さん
獣医師

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ