JIJICO

小田原 漂情さん

塾教師、歌人・小説家

日本の生徒の読解力低下 読解力を育む本質とは?

2016年12月23日

日本の生徒の読解力が低下

               
経済協力開発機構(OECD)による国際的な生徒の学習到達度調査であるPISAの2015年の結果として、日本の生徒の「読解力」が、前回の4位から8位に低下したということが報じられました。
この調査は2000年(平成12年)から3年ごとに行なわれ、読解力で日本は初回が8位、以後14位、15位、8位、4位と推移して、昨年また8位に後退したという結果です。
ただし全参加国数(母数)は回によって異なっており、また2015年はコンピューター使用型となって、「漢字圏の生徒に不利がなかったか」という指摘もあるようです。

調査初回の2000年は、あの「ゆとり教育」完成の直前の教科書改訂年でした。
すでに90年代、「読解力の低下」が指摘されるところとなっていましたが、その第1回、日本は8位だったのです。
2002年からのゆとり完全施行後の2003年が14位、2006年には15位となって、国語教育に携わる私も、大きな衝撃を受けました。
その後は改善のための取り組みが進められ、母数が大きくなる中で、順位も向上していました。

ICT機器の充実による語彙力低下が読解力低下を招くことに

ではなぜ、今回またそのことが、はっきりした結果となって表れたのでしょう。
先に引いたシステム面の変更もあり、一概には言えませんが、私見を述べれば、「改善の取り組み」そのものが「テスト結果向上のための取り組み」であり、また近年「ICT教育」が重視・強化されていることと、関連があるように思います。

また今回のPISAの結果報道の中で「語彙力の低下」も挙げられています。
読解力の低下が指摘される時、必然的に「読書量が減った」ということがあわせて報じられますが、00年代から10年代にかけては、「読書量」そのものより、「語彙を減らす」方向に、世の中のシステムが大きく変わって来ていることの方が、より大きな要因だと言えるのではないでしょうか。
JIJICOでも以前に書いた通り、漢字が覚えられない、電話番号を認識する必要もない、など、スマートフォンを筆頭とするICT機器の充実が、「語彙力低下」の一因であることは、想像に難くないのです。

本質的な読解力の向上に向けた枠組みを作ることが急務

もちろん私はここで「ICT教育」自体を否定するものではありません。
ICTの飛躍的な発展と、そのために教育現場で可能になったことのメリットには、限りないものがあります。
数学の空間図形や地理の図表・グラフなど、使ってみたいものもたくさんあります。

ただ、便利なものの背中には、必ずその逆の面があります。
国語教育、読解力向上という局面では、ICTの利点は逆に、マイナスになることもあるのではないでしょうか。
それはICTを利用することに弊害があるのではなく、その利便性の一面に寄りかかることから、国語を学ぶ上で本来重要であることがらが、なおざりにされることで生じると思われます。
本来、「読解力向上」の決め手は、数多くあるすばらしい文章を、その音韻=言葉のしらべの面からしっかりとらえ、「心」の部分で内容に寄り添っていくことにあります。
この時大切なことは、「行間を読む」など、直接的には表されていないところまで読めるようになることです。
ICTの活用でも、そうしたアプローチはできるはずですが、「お膳立て」された仕組みの中を進むだけになってしまっては、文章から何かを受けとめ、自分の考えを組み立てていくことはできません。

また「語彙力低下」にばかり目が行って、それだけを追い求めるような用い方に走ってしまうと、逆効果になるでしょう。
センター試験に代わる新テストの内容・方向性も気にかかりますが、国語の本質を外さない方向で、読解力の向上に取り組んで行く枠組みを作ることが、急務であると考えます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

小田原 漂情さん
塾教師、歌人・小説家

無料で相談してみる

「教育」のその他の記事

2017年7月27日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?
県民性や地域性が離婚に影響するというニュースが話題になりました。なぜなのでしょうか?関西の人を例に挙げて解説します。
2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ