JIJICO

松本 孝一さん

介護事業コンサルタント

増え続ける高齢者介護を巡る家族間の殺人や心中

2016年12月28日

増え続ける高齢者介護を巡る家族間の殺人や心中

最近、増加してきた高齢者介護を巡る家族間の殺人や心中などの事件に関して、驚くような数字が発表されました。
読売新聞の調査では2013年以降、全国で少なくとも179件発生し、189人が死亡しているということです。

ほぼ1週間に1件のペースで発生していることになりますが、その事件の4割が70歳以上の夫婦間で起きたケースということです。
介護が必要な人が10年前の1・5倍の600万人超に膨れ上がり、様々な問題から高齢の夫婦が「老老介護」の末に悲劇に至る例が多いことが浮き彫りになりました。

介護殺人や心中はどのような状況で起きるのか?

「介護殺人・心中」は、いわゆる「介護疲れ」が要因とされています。
その「介護殺人」は、どのような状況で起きているのでしょうか?

日本福祉大学社会福祉学部の湯原悦子准教授が2012年に発表したデータによると、被害者側の73.5%が女性であり、加害者側の73.2%が男性であったようです。
加害者も60歳以上の「老老介護」の介護疲れの末と思われる事例は58.0%にのぼっています。
また「殺人」が 54.3%とその半数を占める一方で、「心中」は15.9%であったようです。
身体的虐待の結果ともみられる「傷害致死」は13.3%。さらに加害者の申し出に被害者が同意する「承諾殺人」や被害者に頼まれて殺害する「嘱託殺人」も計10.6%もあったとのことです。
加害者別にみてみると、「夫」による犯行が34.2%と最も多く、次いで「息子」が32.9%。2009年以降は夫が息子を上回った状況となっています。
また、被害者は33.9%が「妻」で、32.8%が「実母」となっています。

介護保険制度が導入された2000年時点において「介護疲れ殺人」事例は39件であったそうですが、その後、医療介護費抑制傾向の強まった2006年以降は、年50件前後で下げ止まらないまま推移しています。
福祉先進国とはとても思えない介護貧困事情があらためて明らかになっています。

今後、ますます増加することが懸念される・・・

まだまだ続く高齢化社会、今後もこのような事件が増え続けると考えられます。
介護サービスは、施設介護から在宅支援介護へ転換してきましたが、残念ながら老々介護の問題は年々増加しています。
その結果、「介護疲れ」によるストレスが原因となり、中には「介護殺人・心中」を引き起こしてしまうケースが今後も出てくるでしょう。

在宅介護サービスが十分でないことも介護疲れが起きる原因なのでしょうか?
私は、そのようなことはないと思いたいのですが、現実にはこのような事件が増加してきた2013年以降、同様に介護現場では、職員不足が問題となってきていたという事実です。
直接的な要因ではないのかもしれませんが、介護業界における職員不足が様々な問題の起因になっていることは、間違いありません。
ということは、この問題を解決しないことには、このような事件が減少しないと言っても過言ではないと思われます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

松本 孝一さん
介護事業コンサルタント

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ