JIJICO

半田 望さん

弁護士

「わたしの『ふつう』とあなたの『ふつう』はちがう」という人権の考え方

2017年1月1日

愛知県の人権啓発ポスターが話題に

ff0082e92bb79d735732d50395c2b3bb_m愛知県が「わたしの『ふつう』とあなたの『ふつう』はちがう。
それを,わたしたちの『ふつう』にしよう」というキャッチコピーで作成された人権啓発ポスターが秀逸である,と話題になっています。

ポスターには「人権問題って何だろう」「性的少数者の人権問題」「インターネットでの人権」など7種類があり,それぞれ漫画で各テーマについて啓発を行う,というものです。
筆者からみても,愛知県のポスターは人権問題の各テーマについてわかりやすく,かつポイントを押さえて作成されており,上手いなあ,という感想です。
そこで,今回は愛知県のポスターを題材に,「人権とは何か」を考えてみたいと思います。

「人権」という言葉の本当の意味は?

「人権」という言葉を辞書で引くと,「人が生まれながらに持っている権利」との意味が記載されています。
確かに,これが人権の中核であることは間違いないでしょう。たとえば,自由を奪われない権利,自由に表現する権利です。

しかし,これだけでは人権のすべてをもれなく説明するものではありません。
たとえば,日本国憲法25条1項が保障する「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」(生存権)や,28条が規定する労働基本権は,人が生まれながらに持つ権利とは少し性質が違います。
これらは社会権と言われ,現在の社会の中で社会的・経済的弱者が人間らしい生活を営むために国家が積極的に介入することを定めるものです。
国家の作為を要求する点で,狭い意味での人権とは少し性格が異なる,とされているのです。

では,このような社会権と狭い意味での人権を合わせた「人権」をどう説明すればいいでしょうか。
私は,先ほど紹介した定義を少し変えて,「人が『個人』として認められるために保障される権利」が人権であると考えています。
言い換えれば,「個人それぞれが人間らしく生きる権利」です。
生物としての「ヒト」ではなく,社会の存在としての「人」または「個人」が尊重される結果認められる権利や自由,それが人権だと考えています。

この視点から愛知県のポスターを見ると,「わたしの『ふつう』とあなたの『ふつう』はちがう。
それを,わたしたちの『ふつう』にしよう」というのは,個人を個人として尊重しそれぞれの違いを認めよう,というものであり,まさに人権の本質を言い表しているのではないでしょうか。

お互いの違いを尊重しあうことが人権の本質ではないか

金子みすゞの有名な詩である「わたしと小鳥とすずと」の一節で「みんなちがって,みんないい」というものがあります。
これは,他人の長所を羨むのではなく自分の良いところを見つめていこうという詩なのですが,見方を変えると愛知県のポスターのように,お互いの違いを尊重しようというものでもあります。
「「わたしの『ふつう』とあなたの『ふつう』はちがう」から,「みんなちがって,みんないい」というのが人権の本質なのではないでしょうか。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

半田 望さん
弁護士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年10月19日 折山 旭さん
ライフキャリアカウンセラー
派遣業界の2018年問題で注目を集める無期雇用派遣、メリットとデメリットは?
改正派遣法と改正労働契約法の施行により、派遣社員など有期雇用の労働環境が大きく変化する2018年問題。雇用条件や契約期間など無期雇用派遣のメリット・デメリットについて専門家が解説します。
2018年10月15日 鹿島 直之さん
精神科医
大竹しのぶさんの母が診断された老年期うつ病とはどんな病気?
女優・大竹しのぶさんの母親が老年期うつ病と診断され、大竹さんと家族により自宅で手厚い介護を受けながらも食欲、意欲の低下が改善せず9月1日に亡くなりました。老年期うつ病の特徴と治療について解説します。
2018年10月12日 橘田 えみさん
整理収納コンサルタント・防災備蓄1級プランナー
停電に 困らない「暮らせる灯り」の準備を!
停電災害が、猛威の台風や地震から発生し、電気に頼る現代社会に大打撃をもたらしています。停電による暗闇は、危険と恐怖心が増します。今回は、自宅避難を想定した夜の「暮らせる灯り」の準備についてお話しします。
2018年10月10日 中原 崇さん
社会福祉士
子どもの前で行われるDV「心理的虐待」が増加。被害を減らすには?
2017年度の児童虐待の数は13万3778件。子どもの目の前で行われるDVが心理的虐待として扱われるなど数は増加傾向に。虐待から子どもを守るためには、子どもやその家族をサポートする環境を整えることが大切。

テーマ