JIJICO

小倉 越子さん

社会保険労務士

外食業界で24時間営業の見直し広がる その理由は?

2017年1月4日

人手不足から外食業界で24時間営業の見直し広がる

大手ファミリーレストランなどが24時間営業をとりやめて話題になっています。
とりやめの理由は、深夜の客数減少もありますが、従業員が集まらないことも大きいようです。
深夜は、どんな業態でも従業員が採用できないのでしょうか。

私が人事労務管理を担当していた大型ショッピングセンターも、開店当初は24時間営業をしていました。
深夜の時間帯に、新規に従業員の募集をすると、大抵は採用予定人数よりも多くの応募があり、採用に困ることはありませんでした。

深夜時間帯の勤務を希望する人

深夜の時間帯を希望する人は、どんな人なのでしょうか。
意外と多いのが、子どもがまだ小さい人です。
夜は他の家族が家にいるため、子どもを家に置いて外に出かけることが可能です。
他には、昼間は家業を手伝っていたり資格試験の勉強をしたりしていて、空いている時間に働きたい人などがいました。

深夜に働くことの魅力は、何といっても高い時給です。
深夜10時から翌朝5時までは、法律上25%の割増賃金を上乗せして支払いますが、私が人事労務を担当していた店では時給自体も昼間の時間帯よりも高く設定していました。
例えば、昼間の時給が1,000円とすると、夜間は1.200円とし、さらに1.25倍すると1,500円になるので、効率的にお金を稼ぐことができます。
車通勤を認めていたため電車の心配もありません。
仕事内容は、お客の少ない時間帯のため商品補充などの作業が中心で、接客応対は少なくて済むなどの理由から人気があったのだと思います。

労働条件・労働環境次第で深夜時間帯の従業員確保は可能

しかし、開店から数年後、ほとんどお客の入らない時間帯は店を閉めようということで、営業時間を短縮することになりました。
このとき、深夜の時間帯に勤務していた人たちに勤務時間変更のお願いをしましたが、大半の人が難色を示し、中には「深夜に働きたいから」と退職していく人もいました。

ファミリーレストランなどの飲食店と違い、大きな店では深夜の時間帯にも従業員がたくさんいます。
少数の従業員に責任と負担を課すことなく、昼間の時間帯と同じようにチームで仕事をすることができます。
大きな店なら、急に休みが必要になっても代わりの人員を手配することができますが、従業員数人のお店ではそう簡単に休むことはできません。
また、大きいお店では、24時間警備員が駐在し巡回もしていますが、警備員が配置できないような小さなお店では防犯上の不安もあります。
駅近くの立地で、従業員のための駐車場が確保できないとなると、通勤も難しくなります。
働く人が少ない時間だからこそ、労働条件・労働環境を整えれば、人は集まると思います。

専門家に相談してみよう!

小倉 越子さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「経済」のその他の記事

2018年2月21日 渋谷 亜佐子さん
家庭教育コンサルタント、マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに伝えよう!スマホと上手に付き合うためのルール
スマホはとても便利な道具ですが、使い方を誤ると大変危険な道具になることを子ども達に伝え、子ども達が上手にスマホとつき合えるよう親として導くための使用ルールを考えます。
2018年2月20日 米田 創さん
寝具小売店主
解決!アスクミー JIJICO
布団の買い替えのタイミングはいつ?どのような場合に?
あなたの布団は何年使用していますか?やぶけたり・へたりは大丈夫?布団の買い替え時期や状態の見極めポイントなどについて解説します。
2018年2月20日 田沢 剛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
近所のゴミ屋敷、どう対応すればよい?法的な手段はとれるのか?
ゴミ屋敷条例のない地域にあるゴミ屋敷の近隣住民としては、町内会や自治体を通じて当の住民に働きかけてもらうしかありません。ただ、そもそもゴミ屋敷が生じる背景には、認知症、加齢による身体機能の低下や地域からの孤立などの問題が潜んでいるため、法的規制とは別に本人に寄り添った福祉的な支援が必要でしょう。
2018年2月19日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
2018年4月からインスペクション本格化。買主のメリットや注意点は?
2018年4月からインスペクション(建物状況調査)の活用を促す改正宅建業法が本格施行されます。これから家を買う人のメリットや注意点を詳しく解説します。

テーマ