JIJICO

山口 里美さん

司法書士

遺贈寄付(レガシーギフト)~想いを叶えるためにやっておきたいこと~

2017年1月26日

遺産を寄付することへの関心が高まっている

野村資本市場研究所の推計によると、国内で相続される資産総額は年間50兆円強あるものの、遺言も相続人もないことから最終的に国庫に入ってしまう財産は、年間400億円にのぼります。

そんな中、遺産を寄付したいという、「遺贈寄付(レガシーギフト)」への関心が高まっています。
遺贈寄付(レガシーギフト)」を望まれる方は、おひとりさまの方、お子様がいないご夫婦、社会貢献に役立てたい方などが多く、今後も希望者が増えると予想されます。
実際に「遺贈寄付(レガシーギフト)」を利用するにはどうしたらいいのか、そのポイントと注意点を考えます。

遺贈寄付をするためにしておくべきこと

遺産を寄付するために、まずやっておきたいことは、情報収集です。
昨年、NPOや法律の専門家などが集まって、「遺贈寄付(レガシーギフト)」の普及に向けた「全国レガシーギフト協会」という団体が設立されました。
同協会は、「いぞう寄付の窓口」というインターネット上のサイトを立ち上げ、「遺贈寄付(レガシーギフト)」に関する情報発信をしています。ご自身の想いに合った遺贈をするために、あらかじめ情報収集をしておきましょう。

遺産を寄付するために、次にやっておきたいのは、遺言書の作成です。
遺言書は主に、ご自身で書く「自筆証書遺言書」と、公証役場で公証人という法律のプロが作成する「公正証書遺言書」の2つがあります。

「自筆証書遺言書」には、お金がかからない、すぐに作成できる、といったメリットがありますが、全部自分で書かなければならない、遺産の寄付を実行する前には、「自筆証書遺言書」の内容を確定させる裁判上の手続、「検認」をしなければならないなどの厳格なルールがあり、形式不備などがない有効なものを作成するにはハードルが高いと言えます。

「自分の財産を確実に、かつ余計な手間がかからないように、寄付したい」その想いをかなえるためには、「公正証書遺言書」を作成することをおすすめします。
「公正証書遺言書」の作成は、遺言者の口述により公証人が作成し、公文書として保管できることから、紛失や偽造などの心配はありません。
また、「自筆証書遺言書」と異なり「検認」を受ける必要もありません。
安心で確実な遺言書を作成するには、おひとりで悩まれずに、遺言書などの法律文書を取り扱う司法書士、弁護士などの法律の専門家に相談しながら作成するようにしましょう。
また、遺産を寄付するにあたって、相続税などの税務上の取り扱いにも注意しなればならないので、税理士などの専門家にも相談しましょう。

遺贈寄付のことを遺言執行者に伝えることが大切

遺産を寄付するために、最後にやっておきたいのは、「遺贈寄付(レガシーギフト)」のことを、ご家族や遺言の内容を実現する「遺言執行者」となる方に伝えておくことです。
「遺産を寄付したい」という内容の遺言書を作成しただけでは、想いを叶えることはできません。
将来的に相続人となる方や、「遺言執行者」となる方にその想いを伝えておかなければ、実際に社会貢献に取り組む団体などに遺産を寄付してもらうことができません。

また、「「遺贈寄付(レガシーギフト)」のことを話したいとは思うけど、直接口に出していうのはむずかしい」などの場合は、エンディングノートや手紙などにご自身の想いを記しておくことも一つの方法ではないでしょうか。
遺言書を作成し、ご自身の想いを伝えること…それが真に円満な「想族」の実現につながります。
遺産を寄付することで、社会貢献したいというお気持ちを持つのは、とても素晴らしいことです。
いろいろな団体や専門家の力を借りて、ご自身の想いを叶える「遺贈寄付(レガシーギフト)」を実現しましょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

山口 里美さん
司法書士

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年6月14日 笠原拓さん
システム開発者
インターネット上の情報の取捨選択はどうすれば良いのか?
インターネット上で情報が溢れる時代に本当に必要な情報を取得するには?求められるITリテラシーとは何か。システムエンジニア出身が教えます。
2019年6月8日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
山里亮太と蒼井優結婚!男女の本当の相性とは?
美女と野獣のカップル誕生!!人柄が勝利しました。見てくれの美醜よりも、結局人間、中身だと教えてくれた山ちゃん。男女の本当の相性を考えて行きたいと思います。また結婚生活の成功の秘訣も覗いて行こうと思います。
2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。

テーマ