JIJICO

ゴーン 恵美さん

英会話講師

英語を「話す」と「書く」の溝をどう埋めるか?

2017年1月29日

グローバル化が進み一層高まる英語の重要性

801ffbdf5c4dc7c73c0bfab010a2fba7_m新しい年も幕を開け、また一歩2020年に近付きました。
唱え続けられるグローバル化、英語の重要性はますます増し、それに伴い英語教育への期待、そして、日本国民の英語力向上への期待は加速を増しています。 
英語習得において求められる「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能については、バランスよく習得すべきと、各種試験や学習方法にもそれを意識した内容が、多く見受けられるようになりました。

日本の民族性や教育のあり方が英語の習熟を妨げる原因の一つに

「聞く」というインプットがあり「話す」というアウトプットが成立し、「読む」というインプットがあり「書く」というアウトプットが成立します。
ヨーロッパや他のアジアの国々から、かなりの遅れをとってしまった日本の英語教育ではありますが、リスニング力向上に始まり、現在は、スピーキング、ディベート、プレゼンテーション、ライティング等、どれをとっても、自ら発信をするという動きに注目が寄せられています。
それは、ただ「話せる」というだけではなく、独自の意見を、積極的に、しかも相手に納得してもらえるように伝える事であり、どうも日本人が得意とするフィールドではなさそうです。
失敗を恐れてしまう我々日本人の民族性や、一方通行的な日本の教育の在り方がそうさせてしまっているのかもしれません。 

英語を「話す」と「書く」 身につけるためには何をすれば良い?

「話す」「書く」どちらも、人に伝える為の表現法です。
まずは大人向け学習法におけるそれらの違いを見てみましょう。
共に基礎レベルの英語知識は前提です。

「話す」には、発音の壁が立ちはだかります。
発音に関しては、正しい音、正しいリズムは大変重要で丁寧なトレーニングを積む必要があります。
その場での一本勝負なので、積極性、度胸が欠かせません。
さらに相手に伝わるスムーズなコミュニケーション英語を育てるには、英語を英語で理解できるような力もほしいですね。
自動化と言われますが、まるでかけ算九九のようにすっかり脳の長期記憶に入れてしまう事を言います。
かなりの反復練習で実現可能です。

「書く」には、文法の壁が立ちはだかります。
しかし、日本人にとって文法は得意分野であり、決してその場での一本勝負ではありません。
時間さえ許せば、何度も取り組み可能です。
簡単な文章で構いません。
気になる事を見つけては書き留める事を心がけてみましょう。
書いたものは添削をしてもらう必要がありますが、それで何が不足しているのか、どのように補えばよいかなど、そこで更に力を磨くことになります。
大量に書くことで、英語で考える癖をつける事も期待できます。

「音読」は「話す」「書く」2技能の溝を埋めてくれる

この2技能、違いはありますが、共通の基礎知識としては、「中学英語」で充分です。
まず、しっかり復習し身に付いているか否かの確認、現在の自分の英語力を知りましょう。
反復練習や実践はスキル向上には欠かせません。

簡単なものでかまわないので正確に自分が書き出したものをどんどん「音読」していきましょう。
「音読」は「話す」「書く」2技能の溝を埋めてくれるトレーニング法のひとつです。
そして「音読」は、英語脳を作る為にとても有効なトレーニング法でもあります。
自動化に導いてくれるわけですね。

私の経験からではありますが、英語で独り言、置かれている状況について英語実況中継、声に出せなければ、頭の中で巡らせます。
その日の終わりに、それらを文字にする、例えば日記をつける、このような反復練習は、文法や語彙力の復習、更には強化練習にもなり、文法などが自然に定着することが期待できます。
このように「話す」と「書く」の相互的なトレーニングを意識しながら実践を重ね、楽しく体得へと導きたいですね。
継続は力なり。

このコラムを書いた専門家に質問できます

ゴーン 恵美さん
英会話講師

無料で相談してみる

「学び・興味」のその他の記事

2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。
2017年7月17日 岸本 貴史さん
人事労務コンサルタント、社会保険労務士
テレワーク・デイを7月24日に実施。働き方改革につながるか?
テレワーク・デイは、2020年の東京五輪を契機とした「働き方改革の実現へ向けた国民運動」です。企業はテレワークを活用することで、人材の確保や生産性の向上が期待できますが、実施に向けては事前に問題・課題の検討も必要です。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ