JIJICO

神田 正範さん

防犯・防災コンサルタント

外為法改正で新たな脅威に立ち向かう

2017年2月1日

アジアを取り巻く環境の変化と新たな脅威

c199f1b6d21821a8a13274720d1011d5_m近年、目覚しい発展を遂げた中国や軍備を増強している北朝鮮など、リーダーの交代を期に大きく変化した国々があります。
その変化はアジア全体に広まり、私たちの生活にも影響を及ぼしています。
このような変化は、政治・経済・軍事など様々な分野で環境を変えて行き、懐柔と脅威の両方をもたらします。
そして懐柔と脅威には、それぞれ準備が必要であり、この度の外為法改正は脅威への準備と捉えられます。

現在、アジアの各国が抱える経済や外交問題、領土問題や軍事行動などは一触即発の差し迫った問題では無いにせよ、然るべき準備が必要であることは明白です。
将来に想定できる脅威を本物の脅威にしない為の準備を急がねばなりません。
また、友好国と歩調を合わせることも大切であり、独自路線を歩むことは、新たな脅威を創り出す要因となることも忘れてはなりません。

全ての国家・非国家主体を対象とした協定

「軍事転用可能な技術」と「外為法」この二つのキーワードで思い出されるのが、1987年に発生した東芝機械による「ココム違反事件」です。
東芝機械は、規制が強化されていた共産圏へ最新の工作機械を輸出したことで「対共産圏輸出統制委員会(ココム)」の協定に違反したとして糾弾されたと共に、外為法違反で逮捕者を出してしまいました。
当時は東西冷戦の時代で、軍備の均等が世界平和に繋がると思い込まれている時代でした。
その為、脅威を明確に示すことができ、その対策も容易であったことは事実です。

しかし、現在の日本を取り巻く環境は、アジアだけに留まらずISを代表としたテロリストの脅威も忘れてはならない状況にあります。
東西冷戦の終結と共に「対共産圏輸出統制委員会(ココム)」は解消され、新たな輸出管理体制として全ての国家・テロリストなど非国家主体を対象とした「ワッセナー・アレンジメント(WA)」が発足し、世界の41ヶ国が参加しています。
その内容は、通常兵器及び関連汎用品及びその技術とし、細かなリストを作成して輸出を監視することで、武器の拡散を防ごうというものです。
日本では、外国為替及び外国貿易法、輸出貿易管理令、外国為替管理令等に基づき輸出管理をしており、国内法を強化することは武器の拡散を防ぐと同時に国際貢献にも繋がっています。

脅威との戦いは恐れるものではない

脅威は、環境が変化する度に新しく生まれます。
国によって風習や習慣、物事の解釈が違う世界の中で、リーダーの交代は環境の変化を意味し、新たな脅威の誕生を示唆するものです。
また、私たちに懐柔をもたらす技術の進歩や発展も環境の変化であり、懐柔と同時に新たな脅威が生まれています。
つまり、私たちが変化と懐柔を求める限り、新たな脅威は生まれ続け、常に戦い続けなければなりません。
しかし、脅威とは恐れるものではなく、安全・安心を手にする為の「道しるべ」と考えるべきです。
人間は、脅威があるからこそ考え、知恵を絞り、解決して進歩してきた生き物です。もし、私たちが変化と懐柔を望まず、脅威が無くなったら、それこそ人間の進歩を妨げる「真の脅威」と言えます。

先日、アメリカ合衆国のリーダーが交代しました。
就任前より物議を醸している新リーダーですが、必ず環境は変化します。
そして、新たな脅威が待ち受けています。
脅威との戦いは勝ち負けではありません。
「解決(WinWin)」するものであって、解決した後には「経験」や「信用」という財産が残り、きっと懐柔が得られます。
脅威との戦いを恐れず、通らなければならない道の途中と考え、見過ごさずに立ち向かう勇気が必要です。

このコラムを書いた専門家に質問できます

神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント

無料で相談してみる

「法律」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ