JIJICO

田沢 剛さん

弁護士

尊厳死を法制化することの是非

2017年2月2日

尊厳死とは?

いわゆる「尊厳死」とは,不治かつ末期の患者が自らの意思に基づいて延命措置の不開始又は中止を決定し,自然の経過のまま死を迎えることを指します。生命維持装置などの機械による生存を否定し,人間としての尊厳を保って死ぬというところからこのような言葉が用いられるようになりました。

我が国の刑法第202条は,「人を教唆し若しくは幇助して自殺させ,又は人をその嘱託を受け若しくはその承諾を得て殺した者は,6月以上7年以下の懲役又は禁錮に処する。」と定めており,自殺関与や本人の同意がある殺人でも処罰の対象としています。
もしも人間に死ぬ権利が認められるというのであれば,自殺関与や本人の同意がある殺人が処罰の対象となるのはおかしなこととなります。

医療従事者など第三者が関与する場合の法律がない現状

他方で,尊厳死の場合には,自然の経過のまま死を迎えることにするわけですから,これを直ちに自殺という概念で捉えるわけにはいかないところですが,ただ,医療従事者などの第三者が関与することとなった場合,生命維持装置で生存している患者の死期を早めることになりますので,その行為が処罰の対象とならない正当なものか否かの線引きは非常に難しい問題です。
尊厳死を認めるのか,どのような要件があれば認められて,医療従事者が責任を問われることがないのかについては,明確に定めた法律がありませんので,患者の治療に携わる医療従事者にとっては,非常に悩ましい問題となります。
1990年代から2000年代にかけて,患者に対する治療を中止した医師が検挙される事件が相次いだことを考えますと,尊厳死を認める場合の要件を明確に法律で定めておく必要があるというのも理解できなくはありません(厚生労働省が平成19年5月に「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」を定めたのも,そういったことが背景にあったのでしょう。)。

尊厳死を法制化するか否かは非常に難しい問題

しかしながら,2012年に尊厳死法案が国会に提出されようとしたとき,難病支援団体などは逆に法制化に反対しました。
尊厳死を法制化してしまうと,周囲からの圧力で「もっと生きていたい。」といった意思を表に出せなくなり,本来の意思が踏みにじられかねないといった危惧があることが理由です。
本人の意図しないところで尊厳死が強要されてしまうようでは,本来の尊厳死の概念とは相容れません。

尊厳死を法制化するか否かは,医療従事者の予測可能性の確保と患者側の真意の尊重といった異なる要請にどう折合いをつけるのかといった問題となりますので,そう簡単に結論を出せるものでないことに違いありません。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

田沢 剛さん
弁護士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2018年11月12日 河野 晃さん
弁護士
ベランダ越しの受動喫煙で近所トラブル、悪いのはいつも喫煙者?
マンションなど集合住宅のベランダでの喫煙が、ご近所トラブルに発展するケースは少なくありません。タバコを吸うこと自体は違法ではないけれど、受動喫煙防止対策が強化される中、喫煙者のモラルやマナーが問われています。
2018年10月8日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説
今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。
2018年9月26日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
「別れさせ屋」に適法判決 工作を頼む前に考えておくべきこと
「別れさせ屋」はその行為の是非が問われやすいものです。法律上の判断にかかわらず、恋愛に卑怯な行為やうしろめたい行為は避けたいものです。
2018年9月25日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税の返礼品の規制より、住民税の税額控除を廃止すべき
「ふるさと納税」の「返礼品」の高額化について法改正で規制をしようという総務省の方針は、住民税の減収になる自治体の問題を残しており、適切なものとは思われず、むしろ住民税の控除を廃止すべき。

テーマ