JIJICO

早川 弘太さん

健康管理士

ナッツで死亡リスク減!その理由とは?

2017年2月3日

解決!アスクミー JIJICO

ナッツには健康に必要な栄養素が豊富に含まれている

近年クルミやアーモンドなどのナッツ類が注目を集めています。スーパーモデルの栄養コンサルタントをつとめた方の著書でナッツ類が紹介されたり、世界的に有名なプロテニスプレーヤーの食事に関する著書でも練習の時の効果的な間食、栄養補給に優れていると紹介されたりしております。

その理由は当然ですが栄養バランスの良さです。縄文時代の遺跡からも殻が発見されていて、かなり昔から食料として活用されてきたクルミを例に紹介すると、クルミの中には不飽和脂肪酸という成分が豊富に含まれています。この不飽和脂肪酸は人体の酸化を抑制したり、肝臓の脂肪代謝を促してくれたり、肝細胞の再生を促してくれる働きがあると言われています。

また、クルミの脂質のリノール酸にはコレステロールを減らし、動脈硬化を防止する効果があると言われています。これらの成分はクルミだけでなく、多くのナッツ類に含まれています。カロリーが高い食品なので太りやすいというイメージが合ったと思いますが、カロリーが高い=太りやすい食品というわけでは無いのです。

また、一般的に食べられている前述のクルミやアーモンドなどのナッツ類はトリプトファンという睡眠や精神安定と大きく関係しているセロトニンの合成に欠かせない必須アミノ酸を豊富に含んでいます。

ナッツは健康だけでなく美容にも良い影響をもたらす

いままでの情報だけでも現代人に多い脂質異常、ストレス疲労などに良さそうですね。ナッツを食べて死亡リスク減というデータがでていることは、このように脂質異常やストレス疲労などに対して良い結果が出ているからかもしれません。

ナッツ類の働きを東洋医学的に見てみましょう。

クルミなどは『温肺定喘(うんぱいていぜん)』という肺の機能を高め、気の不足により起こる喘息を解消するという働き、さらには『潤腸(じゅんちょう)』と言って腸を潤し便秘を解消する働きがあると言われています。そして多くのナッツが属性とすると『潤』というカラダを潤す部類に入ると東洋医学的には言われているので、美肌のためにスーパーモデルが愛用しているというのも利にかなっていると言えると思います。

ナッツの食べ過ぎには注意!

そんなナッツ類ですが、食べ過ぎも当然ですが危険です。食事の代替でナッツ類だけ食べるのはやめましょう。どんな食べ物も『過ぎたるは及ばざるが如し』です。

コレステロールや精神安定に良い成分が含まれているからと行って、食品ですから効能効果を期待してはいけません。過剰に食べたからと行ってそのような効果があるわけではなく、むしろ食べすぎることによるリスクもたくさんあります。油が多いため、普段から下痢傾向のある方は、過食は禁物です。

ナッツの活用法としては食事の替わりというよりはスナック菓子、チョコレートなどのかわりにおやつやおつまみとして活用したり、揚げ物の衣や、サラダのアクセントなどお料理に活用するのが良いでしょう。

健康的な食事の基本はバランスです。ナッツもそれのみを過剰に食べるのではなく、今回ご紹介したような方法で活用してバランスよくナッツの栄養素を活用するようにしましょう。今日から早速スナック菓子からナッツにおやつを変えて見ませんか?

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

早川 弘太さん
健康管理士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年7月20日 鎌田 孝さん
利酒師
解決!アスクミー JIJICO
夏でも日本酒!暑い時期に楽しむ新しい飲み方・トレンドを解説
夏になると敬遠されがちになる日本酒。夏ならではのとっておきの清涼感たっぷりの飲み方や夏には特に気を付けなければならい飲む時の注意点を詳しく解説します。
2018年7月19日 小西 明美さん
結婚コンサルタント、仲人士
解決!アスクミー JIJICO
婚活で「価値観」はどこまで重要?何を相手に望むべきなのか
婚活において「価値観」が合うというのは、愛が始まる前段階の判断基準に過ぎません。結婚は、愛し合う感情の扉が開く人との出会いから始まります。その出会いを妨げないように条件を広げて多くの方に会う事が重要です。
2018年7月18日 岸井 謙児さん
臨床心理士・スクールカウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
ネガティブな感情で自暴自棄にならないための3つの対処法
ネガティブな感情に振り回されることは誰にも起こりうる。自暴自棄な行動で周囲を傷つけないためには、人との関わりの中で冷静に自分の感情を見つめ、孤立しないことが大切。場合によっては専門家の助けも必要。
2018年7月16日 片島 由賀さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
増加する介護職員へのパワハラ・セクハラ 解決への糸口はあるのか
介護施設でのパワハラといえば職員から利用者の方への事例がしばしば報道で取り上げられますが、現状は職員側がセクハラやパワハラ被害を受けるケースがかなり多いようです。被害発生の原因と対策等について解説します。

テーマ